サービス実施記録票【訪問介護】とは? 書き方と様式無料ダウンロード
ホーム帳票ダウンロード訪問介護サービス実施記録票…
目次
    サービス実施記録票【訪問介護】とは?
      サービス実施記録票【訪問介護】はいつ作成する?
        サービス実施記録票【訪問介護】の書き方
          サービス実施記録票【訪問介護】の注意点
            サービス実施記録票【訪問介護】の様式ダウンロード

              サービス実施記録票【訪問介護】とは?

              訪問介護のサービス実施記録票は、介護サービスを利用者に提供した際に、利用時間や提供した介護サービスの内容、利用者の様子や健康状態などを記録すると共に、サービスを実施した記録(証拠書類)の書類になります。

              サービス実施記録票【訪問介護】はいつ作成する?

              訪問介護のサービス実施記録票は、利用者へのサービス提供中またはサービス提供終了後、速やかに記入します。サービス内容を記録しておくという目的だけでなく、他の訪問介護員に利用者の状態を共有し、継続したケアを提供するためにも必要になります。

              サービス実施記録票【訪問介護】の書き方

              サービス実施記録票【訪問介護】を作成する際には、以下のポイントを押さえましょう。

              ・利用時間

              利用時間=サービス提供時間となるため、記載漏れのないよう注意してください。

              ・バイタル

              利用者の体温、脈発、血圧などを記入します。

              ・身体介護

              排泄介助、食事介助、以上・移動介助、洗顔、体位交換、口腔ケア、外出介助など、行った介助内容を記入します。排泄介助では尿や便の量、状態なども記録します。多くの記録票では該当する項目にチェックを行い、記入の代わりとする様式を取っています。

              ・生活援助

              調理、洗濯、掃除、衣類の整理、薬の受取りなど行った援助内容を記入します。買い物代行をした際は金銭の受け渡しが発生するため、預り金とお釣りの額を記録し、利用者から確認のサインをもらいます。

              ・健康状態に対して

              利用者から聞き取った健康状態の変化、また訪問介護員が気付いた様子などを記入します。

              ・全体備考

              その他、利用者とのコミュニケーションで気が付いた点などを記入します。

              サービス実施記録票【訪問介護】の注意点

              訪問介護のサービス実施記録票は、訪問介護事業所が介護給付費を算定する根拠となる実績記録です。介護給付費が適正に請求されているか、実地指導が行われた際にサービス実施記録票がなかったり、その内容が不明確であった場合は、介護報酬の返還となることもあります。

              サービス実施記録票【訪問介護】の様式ダウンロード

              会員詳細情報を入力すると下記の資料がダウンロードできます
              会員詳細情報を入力すると下記の資料が
              ダウンロードできます
              この資料は会員限定コンテンツです。
              ダウンロードするには、ログインまたは会員登録から会員詳細情報の入力をお願いします。
              ※ログイン後、未入力の場合は「会員詳細情報の入力」ボタンが表示されますのでご入力ください。