特養で発生した離設事故に伴う賠償対応:保険会社との調整とは?

2024.04.08
2024.04.08
会員限定
ホームニュース専門家コラム特養で発生した離設…

介護事業所は、常に介護事故の危険と隣り合わせです。人が生活する場所ですから、それはある意味当然です。

介護事故の中には、必要な注意を尽くしていたにもかかわらず、発生してしまったものもありますが、介護事業所側に「過失」が認められる事故もあります。その場合、介護事業所は、利用者に生じた損害を賠償する必要があります。そして、通常は、介護事業所では、法律の専門知識を有していない管理者や施設長が、事故後の対応を担当することになります。中には、「いざという時のために賠償責任保険に加入しているから、対応は保険会社に任せておけば良いのだろう」と考える人がいますが、これは大きな勘違いです。

以下、介護施設側に過失が認められる場合の賠償対応について詳しく解説しますので、管理者や施設長等、事故対応の窓口を担当される方は是非チェックしてください。

目次
    1.特別養護老人ホームで生じた介護事故事例
      2. 施設長が行うべき介護事故発生後の動き
        3.保険会社は示談代行をしない

        1.特別養護老人ホームで生じた介護事故事例

         

        <相談内容>

        私は特別養護老人ホームの施設長です。

        去年、利用者(男性)が特養の2階の非常階段から誤って足を滑らし、階段の踊り場まで転げ落ちるという事故が発生しました。この利用者は認知症を患っており、施設から出ていこうとする離設行動が頻繁に見られており、非常階段から出ていこうとする姿も何度か目撃されていました。

        施設内では、職員に対し、「非常階段を開けっ放しにしないように」と注意喚起を行っていたのですが、職員が清掃作業を行う際に、非常階段の扉にストッパーをかけ、開けたままの状態にしており、職員が目を離した隙に利用者が非常階段から出て行ってしまったようです。

        利用者は足を骨折する重傷を負い、現在、入院中です。

        ご家族側との話合いをしなければならないのですが、賠償対応の点についてどのように進めて行けば良いのか、皆目見当がつきません。 どのように対応すれば良いのでしょうか。

        2. 施設長が行うべき介護事故発生後の動き

        介護事故後の流れを確認しましょう。

        ①利用者の救護措置を迅速に行う
        ②ご家族へ速やかに事故報告を行う
        ③事故報告書を作成し、行政へ報告を行う
        ④保険会社へ速やかに事故報告を行う

        ※重大事故発生時は警察が現場に捜査に来ることがありますが、本稿では警察対応は紙面の都合上割愛します。

        という流れです。

        本来は、もっと細かく対応すべきことがあるのですが、あくまで全体の流れのイメージを掴んで頂くための概括的な記載にしています。

        特に重要な場面は、②です。ご家族に対しては、速やかに事故報告を行うことが大切です。

        残り2714文字
        この資料は会員限定コンテンツです。
        会員情報をご登録いただくと、
        介護業界の経営支援に役立つ限定公開記事をお読みいただけます。
        業界ニュースや
        専門家記事が
        無料で読み放題
        加算も取得できる
        研修動画が
        無料で見放題
        業務で使う
        各種帳票が
        無料ダウンロード
        関連記事
        介護経営ドットコム編集部
        2024.06.12
        骨太方針2024の原案に2割負担の対象拡大や囲い込み対策など介護「改革」への具体項目
        #サービス共通 #報酬改定 #リスク管理
        畑山浩俊
        2024.06.04
        アセスメント未実施により1000万円の報酬返還?【畑山浩俊弁護士の事例解説】
        #リスク管理 #居宅介護支援 #運営指導(実地指導)
        杉山晃浩
        2024.06.03
        ✖✖をしていないと”自宅での突然死”が過労死として事業者の責任に?判決から学ぶ事業所の労務対策
        #リスク管理 #人材採用/定着 #サービス共通