2024年度介護報酬改定以降の各単位数・算定構造が明らかに―基本報酬は訪問介護など4事業でマイナス

2024.01.23
2024.02.08
会員限定
ホームニュース介護2024年度介護報…

2024年4月(訪問看護、訪問・通所リハ、居宅療養管理指導は6月)に実施される介護報酬改定について、具体的な単位数や要件が1月22日の社会保障審議会・介護給付費分科会で示されました。

介護人材の確保や定着に重きが置かれている今改定ですが、人材不足が著しい訪問介護をはじめ、4サービスで基本報酬がマイナスになっています。厚生労働省は、既存の処遇改善関連加算を1本化して創設する「介護職員等処遇改善加算」の加算率をほかのサービスと比べて高く設定することで、人手不足の解消につなげたいと説明しています。

※2024年2月7日追記:基本報酬がマイナスとなっている事業に「介護予防訪問リハビリテーション」を加えました。合わせてタイトルも変更しています。

目次
    2024年度介護報酬改定前後の基本報酬の比較:ほとんどのサービスでプラスに
      2024年度介護報酬改定で基本報酬減となる4サービス
        訪問介護の基本報酬減に説明求める声に厚労省は「処遇改善加算の引き上げ・算定支援などで対応」
          2024年度介護報酬改定案の扱いと実施までのスケジュール

            2024年度介護報酬改定前後の基本報酬の比較:ほとんどのサービスでプラスに

            基本報酬はほとんどのサービスでプラスとなります。

            以下は訪問介護、通所介護、訪問看護、居宅介護支援及び介護福祉施設(特養)の2024年度介護報酬改定前後における基本報酬の比較です(一部を抜粋)。

            サービス名 大区分 小区分 現行 改正後 増減
            訪問介護 身体介護中心 20分未満の場合 167単位 163単位 -4単位
            20分以上

            30分未満

            250単位 244単位 -6単位
            30分以上

            1時間未満

            396単位 387単位 -9単位
            1時間以上 579単位

            (30分を増すごとに+84単位)

            567単位

            (30分を増すごとに+82単位)

            -12単位
            生活援助中心 20分以上45分未満 183単位 179単位 -4単位
            45分以上 225単位 220単位 -5単位
            通所介護

            (通常規模型)

            3時間以上

            4時間未満

            要介護1 368単位 370単位 +2単位
            要介護2 421単位 423単位 +2単位
            要介護3 477単位 479単位 +2単位
            要介護4 530単位 533単位 +3単位
            要介護5 585単位 588単位 +3単位
            4時間以上

            5時間未満

            要介護1 386単位 388単位 +2単位
            要介護2 442単位 444単位 +2単位
            要介護3 500単位 502単位 +2単位
            要介護4 557単位 560単位 +3単位
            要介護5 614単位 617単位 +3単位
            5時間以上

            6時間未満

            要介護1 567単位 570単位 +3単位
            要介護2 670単位 673単位 +3単位
            要介護3 773単位 777単位 +4単位
            要介護4 876単位 880単位 +4単位
            要介護5 979単位 984単位 +5単位
            訪問看護 訪問看護ステーション 20分未満 313単位 314単位 +1単位
            30分未満 470単位 471単位 +1単位
            30分以上

            1時間未満

            821単位 823単位 +2単位
            1時間以上

            1時間30分未満

            1,125単位 1,128単位 +3単位
            PT、OT、STによる訪問 293単位 294単位 +1単位
            居宅介護支援(Ⅰ・Ⅱ共通) 逓減制の適用にならない範囲 要介護1

            要介護2

            1,076単位 1,086単位 +10単位
            要介護3

            要介護4
            要介護5

            1,398単位 1,411単位 +13単位
            特養 従来型個室 要介護3 712単位 732単位 +20単位
            要介護4 780単位 802単位 +22単位
            要介護5 847単位 871単位 +24単位
            ユニット型個室 要介護3 793単位 815単位 +22単位
            要介護4 862単位 886単位 +24単位
            要介護5 929単位 955単位 +26単位

            *基本報酬の新旧比較と2024年度改定で新設される加算はこちらから: 訪問介護通所介護居宅介護支援・介護予防支援訪問看護介護老人福祉施設

            2024年度介護報酬改定で基本報酬減となる4サービス

            全てのサービスを見渡すと、基本報酬がマイナスとなったサービスは訪問介護のほか、定期巡回・随時対応型訪問介護看護、夜間対応型訪問介護、介護予防訪問リハビリテーションです。

            (【画像】第239回社保審・介護給付費分科会参考資料1│令和6年度介護報酬改定における改定事項についてより)

            訪問介護の基本報酬減に説明求める声に厚労省は「処遇改善加算の引き上げ・算定支援などで対応」

            2024年度介護報酬の算定構造は1月22日の社保審・介護給付費分科会で初めて示されました。この日の会合の目的は、厚生労働相から社会保障審議会長へ諮問書(審議会に見解を求める文書)が提出されたことに伴い、24年度の介護報酬改定案に対して同分科会としての意見をまとめることです。基本報酬や加算の単位及び算定要件などもここで明らかになっています。

            残り2218文字
            この資料は会員限定コンテンツです。
            会員情報をご登録いただくと、
            介護業界の経営支援に役立つ限定公開記事をお読みいただけます。
            業界ニュースや
            専門家記事が
            無料で読み放題
            加算も取得できる
            研修動画が
            無料で見放題
            業務で使う
            各種帳票が
            無料ダウンロード
            関連記事
            南 マイコ
            2024.02.22
            【2024年度介護報酬改定】認知症対応型共同生活介護(認知症グループホーム)は基本報酬は1単位プラス―新旧比較と7種の新設加算まとめ
            #グループホーム #報酬改定
            介護経営ドットコム編集部
            2024.02.22
            【2024年度診療報酬改定】改定内容・点数が確定―介護・障害とのトリプル改定で連携推進策がポイントに
            #報酬改定 #サービス共通
            南 マイコ
            2024.02.20
            【2024年度介護報酬改定】居宅療養管理指導は全ての区分で基本報酬プラス1単位|新設加算は薬剤師の訪問のみ
            #報酬改定 #居宅療養管理指導