介護職員処遇改善支援補助金の概要案についてのまとめ

2021.12.29
2022.01.13
会員限定
ホームニュース介護介護職員処遇改善支…

2022年2月から9月までの介護職員らの賃上げを手当てする「介護職員処遇改善支援補助金」について、各サービスごとの交付率などの調整内容が示されました。申請に関するスケジュールを含め、介護事業所での対応についても大枠が明らかになっています。

目次
    補助金での介護職員らの賃上げ、サービス別の交付率は
      計画書の提出は4月から、介護事業所は年度内に別途対応が必要

      補助金での介護職員らの賃上げ、サービス別の交付率は

      12月20日に成立した2021年(令和3年)度補正予算には、介護職員や保育士、看護師らの月収を2022年2月から9月まで引き上げるための交付金(補助金)に充てる経費が盛り込まれています。金額の規模は、介護職員の場合で月3%程度(9,000円)の賃上げを図るものとされていますが、実際の運用では事業者の裁量で他の職員の処遇改善にこの補助金を充てることができます。

      なお、12月22日には2022年10月以降もこの賃金引き上げを維持するための対応として、臨時の介護報酬改定が行われることも鈴木俊一財務相と後藤茂之厚生労働相との間の大臣折衝事項として決定しています。

      2月から9月までの補助金の支給要件として、

      ・介護報酬の「処遇改善加算」の(I)(II)(III)のいずれかを取得している施設・事業所であること

      が織り込まれることは既に示されていました。

      これに加えて、12月24日に持ち回り開催された社会保障審議会・介護給付費分科会で委員に示された資料では、最新の調整内容として介護サービス種別に応じた補助金の交付率などが示されました12月27日付けの都道府県や中核市等向けの事務連絡でも同様の内容が周知されています。

      【画像】第205回社会保障審議会介護給付費分科会(持ち回り開催)資料より(以下・同様)

      残り1185文字
      この記事は会員限定コンテンツです。
      会員情報をご登録いただくと、
      介護業界の経営支援に役立つ限定公開記事をお読みいただけます。
      メールアドレス
      だけで
      かんたん無料登録
      業界ニュースや
      専門家記事が
      無料で読み放題
      閲覧できる
      記事数は
      【600本】以上
      関連記事
      介護経営ドットコム編集部
      2022.01.13
      10月の臨時改定に向け検討開始、厚労省は新たな処遇改善加算の創設を提案
      #介護給付費分科会 #補助金・助成金 #報酬改定
      介護経営ドットコム編集部
      2022.01.13
      訪問看護事業所職員の賃上げはどうなる?看護職の処遇改善巡る議論の整理
      #訪問看護 #中医協 #介護給付費分科会
      介護経営ドットコム編集部
      2021.12.08
      介護職の賃金引き上げの行方は?10月以降の対応についても検討開始
      #介護給付費分科会 #居宅系サービス #施設系サービス