訪問看護事業のM&A後の統合プランの考え方:介護事業者の多角化を目的とする場合

2023.01.13
2023.01.13
会員限定
ホームニュース専門家コラム訪問看護事業のM&…

前回、多店舗化を検討する訪問看護事業者が訪問看護事業を買収する場合の統合プランについてご紹介しました。今回は介護事業者が訪問看護事業をM&Aする場合に、組織統合を円滑に進めていくためのプランについてみていきましょう。

目次
    似ているようで実は大きく違う介護と看護
      カギは内部に訪問看護がわかる人材を用意すること
        解凍:まずは雇用と仕事の進め方を保証。対話の場を設けて訪問看護の理解に努める
          移動:訪問看護と介護事業のシナジーを検討する
            再凍結:事業の連携を通常業務に組み込んでいく
              最後に

              似ているようで実は大きく違う介護と看護

              一般の方に聞くと、看護と介護を混同している方もいらっしゃいます。しかし、看護と介護、また、それらのサービスが訪問型で提供されているのか施設などで提供されているのかによって仕事の進め方、働く人の背景、制度など多岐にわたる違いがあります。

              ※介護と看護、施設型と訪問型サービスの特性の違いについてはこちらでも取り上げています。

              カギは内部に訪問看護がわかる人材を用意すること

              一般的に看護師は売り手市場で働く場所を選ぶことのできる専門職です。ですので、自分が組織に合わないと考えると退職を検討する可能性が高いと考えられます。

              残り2426文字
              この資料は会員限定コンテンツです。
              会員情報をご登録いただくと、
              介護業界の経営支援に役立つ限定公開記事をお読みいただけます。
              業界ニュースや
              専門家記事が
              無料で読み放題
              加算も取得できる
              研修動画が
              無料で見放題
              業務で使う
              各種帳票が
              無料ダウンロード
              関連記事
              鶴ケ谷理子
              2023.02.07
              訪問看護事業のM&Aを実施する際に経営者が押さえておくべき3つのポイント
              #訪問看護 #事業承継・M&A #リスク管理
              鶴ケ谷理子
              2023.01.31
              訪問看護事業のM&A後の統合プランの考え方:全くの異業種が訪問看護ステーションをM&Aをする場合
              #訪問看護 #事業承継・M&A #リスク管理
              出口貴大
              2023.01.31
              訪問看護ステーションにおける教育プログラムと研修計画の作り方~最初に行うべき大切なこと
              #訪問看護 #リスク管理