感染症・災害対策の研修や訓練など義務化 全サービスで運営基準見直しの方向

2020.11.30
2020.11.30
ホームニュース介護感染症・災害対策の…

日本各地で患者数が増加し、冬に向けて感染拡大が心配されている新型コロナウイルス。11月9日の第192回社保審・介護給付費分科会では、感染症対策への取り組みについて、運営基準上で義務化するなどの議論が行われました。

目次
    感染症対策の委員会設置や研修など義務化
      業務継続計画(BCP)策定の義務化
        災害訓練など地域住民との連携を努力義務化
          新型コロナ下での臨時的な取扱いの継続

            感染症対策の委員会設置や研修など義務化

            現状の感染症対策等の規定には、運営基準上で義務づけられているものと、努力義務のものがあります。サービス種別よって、その内容は異なります。

            厚労省は介護サービス事業者の感染症対策の徹底を求める観点から、各運営基準において取組の義務化を提案しました。

            施設サービスではこれまでの規定に加えて、訓練(シミュレーション)の実施を追加する方針です。訪問系、通所系、居住系サービス等においては、これまで規定のなかった、委員会の開催や指針の整備、研修や訓練(シミュレーション)の実施を義務化する方針です。いずれも経過措置を設けることを前提に議論されています。

            業務継続計画(BCP)策定の義務化

            地震や豪雨などの自然災害で毎年のように被害が発生しており、2018年度から2020年度にかけて介護報酬等の臨時的な取扱いが適用されるケースが増えています。

            この記事は会員限定コンテンツです。
            続きをご覧になるには、ログインまたは会員登録をお願いいたします。
            関連記事
            介護経営ドットコム編集部
            2021.06.29
            介護従事者の処遇改善へ、事業所の取り組み見える化を国の調査でも推進
            #介護給付費分科会 #報酬改定
            介護経営ドットコム編集部
            2021.06.28
            小多機の定員要件緩和で8月に省令改正、検討会委員は緩和後の実態把握などを要望
            #介護給付費分科会
            畑山浩俊
            2021.06.25
            弁護士が解説!BCP不徹底リスクと責任回避の誓約書に潜むリスク
            #居宅系サービス #施設系サービス #報酬改定