2024年度介護保険制度改正で第4の処遇改善加算創設の可能性は?

2022.12.13
2022.12.15
会員限定
ホームニュース介護2024年度介護保…

2024年度の介護保険制度改正・介護報酬改定に向けて気になる論点に、介護職員らの今後の処遇改善策があります。現在、現場で働く職員の処遇改善を目的とした加算は3種類ありますが、政府の全世代型社会保障構築会議が7日にまとめた報告書案では、これらの加算の見直しについて示されました。

目次
    「処遇改善加算の見直し」全世代型社会保障改革会議の提言案に明記
      ベースアップ等支援加算は処遇改善加算や特定加算と統合の可能性も

        「処遇改善加算の見直し」全世代型社会保障改革会議の提言案に明記

        現在、24年度の介護保険制度改正の方向性を打ち出すための調整が進められているところです。これに関連して、社会保障制度全般の改革を目指して立ち上げられた政府の全世代型社会保障構築会議は、7日に「改革の方向性」と題した報告案について審議しました。

        報告書案には、介護分野の人材確保を進める施策として「介護現場の生産性向上と働く環境の改善」策が列挙されています。その一つとして示されたのが、「生産性向上に向けた処遇改善加算の見直し」です。

        (【画像】第10回全世代型社会保障構築会議(2022年12月7日)報告書案をもとに編集部で作成)

        なお、この報告書案は有識者や与党の意見を踏まえて修正され、年内に正式決定されます。

        ベースアップ等支援加算は処遇改善加算や特定加算と統合の可能性も

        介護現場で働く職員の処遇改善を目的とした報酬上の手当としては現在、「介護職員処遇改善加算」、「介護職員等特定処遇改善加算」に加え、介護職員等ベースアップ等支援加算の3種類があります。それぞれの要件等が微妙に異なるうえ、報酬改定の度にその内容が見直されてきたため、現場へ負担がかかっていることが指摘されてきました。社会保障審議会の介護保険部会でも、負担軽減策が度々訴えられています。

        残り2370文字
        この資料は会員限定コンテンツです。
        会員情報をご登録いただくと、
        介護業界の経営支援に役立つ限定公開記事をお読みいただけます。
        業界ニュースや
        専門家記事が
        無料で読み放題
        加算も取得できる
        研修動画が
        無料で見放題
        業務で使う
        各種帳票が
        無料ダウンロード
        関連記事
        介護経営ドットコム編集部
        2023.02.03
        21年度報酬改定後に居宅介護支援など一部除く事業収支が悪化―令和4年度介護事業経営概況調査
        #介護給付費分科会 #居宅系サービス #施設系サービス
        杉山晃浩
        2023.01.30
        介護事業所がキャリアパスを使いこなすための4つのポイント
        #リスク管理 #居宅系サービス #施設系サービス
        畑山浩俊
        2023.01.23
        介護現場のカスハラ裁判例解説!家族からの罵詈雑言で契約を解除できる?解除後の施設利用料2倍は有効?
        #リスク管理 #施設系サービス