2024年介護保険制度改正に向けて残る焦点は高所得利用者層の負担拡大に

2022.12.05
2022.12.13
会員限定
ホームニュース介護2024年介護保険…

次期介護保険制度改正(2023年の介護保険法などの改正)の方向性を巡る論点の中でも、大きな争点となっている「給付と負担の見直し」について、社会保障審議会・介護保険部会の議論が大詰めを迎えています。
要介護1・2の人に対する通所介護・訪問介護を市区町村の事業に移行するかどうかについて、改革の是非を含めた検討を進めるため、厚生労働省は、より詳細についての現状把握が必要だと認識しているようです。

一方で、支払い能力のある高齢者の負担拡大は、具体案の検討が進められようとしています。支払額が2倍になる利用者の範囲が拡大されれば、事業運営にも影響を及ぼす可能性があります。

目次
    改正に向けた焦点は応能負担の強化に
      要介護1・2の人への訪問介護・通所介護の総合事業への移行などは決着つかず

        改正に向けた焦点は応能負担の強化に

        介護保険部会では、12月末に次期介護保険制度改正に向けた提言をとりまとめます。ここで明文化された内容は、今後提出される介護保険制度に関する法律の改正案や介護報酬改定の方向性に大きな影響を与えることになります。

        「給付と負担の見直し」は、今の仕組みを維持したり、さらにサービスを拡充しようとすれば避けられません。しかし、事業や利用者の生活に直結する論点であるため、平行線が続いています。

        こうした中、厚労省が一歩踏み込んだ提案をしたのが、65歳以上の高齢者の負担拡大についてです。

        残り1969文字
        この資料は会員限定コンテンツです。
        会員情報をご登録いただくと、
        介護業界の経営支援に役立つ限定公開記事をお読みいただけます。
        業界ニュースや
        専門家記事が
        無料で読み放題
        加算も取得できる
        研修動画が
        無料で見放題
        業務で使う
        各種帳票が
        無料ダウンロード
        関連記事
        介護経営ドットコム編集部
        2023.02.03
        21年度報酬改定後に居宅介護支援など一部除く事業収支が悪化―令和4年度介護事業経営概況調査
        #介護給付費分科会 #居宅系サービス #施設系サービス
        杉山晃浩
        2023.01.30
        介護事業所がキャリアパスを使いこなすための4つのポイント
        #リスク管理 #居宅系サービス #施設系サービス
        畑山浩俊
        2023.01.23
        介護現場のカスハラ裁判例解説!家族からの罵詈雑言で契約を解除できる?解除後の施設利用料2倍は有効?
        #リスク管理 #施設系サービス