訪問看護事業所における人間関係の不和の根本的改善―理論に基づく訪問看護経営(9)

2022.11.15
2022.11.18
会員限定
ホームニュース専門家コラム訪問看護事業所にお…

前回は、GRPIモデルの『Roles(役割)』と『Process(段取り)』が明確になっている状態をどの様作り、不平不満を生まない組織を実現するかについて説明をいたしました。今回も引き続きGRPIモデルから、『Interpersonal Relationship(人間関係)』について詳しく説明をして、組織の状況を改善していく方法論について解説していきます。

目次
    チームの『Interpersonal Relationship(人間関係)』の不和を防ぐ2つのポイント
      GRPIモデルを活用してSPCの実現を目指していきましょう

      チームの『Interpersonal Relationship(人間関係)』の不和を防ぐ2つのポイント

      これまで3回にわたって、組織開発に用いられるGRPIモデルから『目的・目標(Goal)』『役割(Roles)』『段取り(Process)』という3つの要素が明確である状態を、どのように実現していくかを説明してきました。今回は最後の要素である『Interpersonal Relationship(人間関係)』について説明をいたします。

      看護師定着と売上獲得を叶えるための組織づくりで説明したように、チーム内で起こる衝突の原因の80%は『目的・目標(Goal)の不明瞭さ』、16%は『役割(Roles)の不明瞭さ』、3.2%が『段取り(Process)の不明瞭さ』となっており、『人間関係(Interpersonal Relationship)』自体に起因するチーム内の衝突は0.4%という研究結果があります。そのため、前回までの3つの要素を明確化し職員に共有して腹落ちしてもらえるように丁寧に対話をするというプロセスに取り組むことで、人間関係(Interpersonal Relationship)の不和はほぼ防げると考えられます。

      しかし、それでも起こり得る人間関係(Interpersonal Relationship)の不和を防ぐためにできることは2つあります。

      一つ目は、組織にフィットした人を採用することです。こちらのコラムでご説明したように、期待と能力とフィーリングのマッチングを丁寧に行なっていくと組織に合わない人を採用する可能性を低くできます。

      二つ目は、心理的安全性の高い組織を実現ことです。心理的安全性についてはこちらこちらのコラムで説明したように、(1)土台を作る、(2)参加を求める、(3)生産的に対応するという3つのステップで作っていくと良いと考えられています。ですので、この3つのステップを意識しながら『目的・目標(Goal)』『役割(Roles)』『段取り(Process)』という3つの要素に取り組んでいくと自然と心理的安全性が高い組織づくりにつながるのではないでしょうか。

      チームの人間関係(Interpersonal Relationship)が良好な組織についてまとめると、下記の様な状態であると考えられます。

      残り1507文字
      この資料は会員限定コンテンツです。
      会員情報をご登録いただくと、
      介護業界の経営支援に役立つ限定公開記事をお読みいただけます。
      業界ニュースや
      専門家記事が
      無料で読み放題
      加算も取得できる
      研修動画が
      無料で見放題
      業務で使う
      各種帳票が
      無料ダウンロード
      関連記事
      畑山浩俊
      2022.11.30
      【現代の管理者に必須】メンタルヘルス不調の介護職員への労務対応
      #リスク管理 #居宅系サービス #施設系サービス
      鶴ケ谷理子
      2022.11.30
      訪問看護事業のM&Aー成功のカギはM&A実施後の統合プロセスにあり
      #訪問看護 #事業承継・M&A
      高野龍昭
      2022.11.30
      ケアマネジャーの「孤立」~『介護の質の評価に関する調査』から (1)/東洋大・高野龍昭
      #居宅介護支援 #リスク管理 #サービス品質向上