2022年度診療報酬改定へ専門性の高い看護師単独での報酬評価など検討

2021.11.09
2021.11.16
会員限定
ホームニュース訪問看護2022年度診療報…

2022年度診療報酬改定に向け、高度な医療ニーズに対応できる訪問看護サービスを確保するための施策が引き続き実施される見通しです。この記事では、10月27日の中央社会保険医療協議会(中医協)で行われた訪問看護関連の施策の検討のうち、専門性の高い看護師による訪問について詳細を取り上げます。

*関連記事:22年度改定での訪問看護ステーションからの理学療法士等の訪問の方向性小児への訪問看護を巡る22年度診療報酬改定に向けた方向性

目次
    専門性の高い看護師による訪問を推進するための前回改定での施策
      「専門性の高い看護師」とは?報酬評価の範囲拡大を検討
        特定行為研修修了者の診療報酬での評価、対象範囲は
          専門性の高い看護師の訪問への評価はケアの実施内容で検討を

            専門性の高い看護師による訪問を推進するための前回改定での施策

            訪問看護の質の向上・担保を巡っては、前回の2020年診療報酬改定で訪問看護ステーションが算定が算定する「訪問看護基本療養費」や、医療機関が算定する「在宅患者訪問看護・指導料」、「同一建物居住者訪問看護・指導料」のうち、専門の研修を受けた看護師が外部の訪問看護ステーションや医療機関の看護師らと共同で同一日に訪問看護サービスを提供した場合に算定できる報酬区分の要件が変更されています=下記資料参照=。具体的には、現場のニーズを受けて、算定対象に「人工肛門若しくは人工膀胱のその他の合併症を有する利用者」への訪問が評価対象に加わっています。

            【画像】第493回中央社会保険医療協議会総会(21年10月27日開催)資料より(以下同様)

            22年度診療報酬改定に向けては、現在、

            ・外部の訪問看護師等との同行訪問が報酬で評価される「専門性の高い看護師」の範囲を拡大すること
            ・「専門性の高い看護師」単独での訪問を新たに評価すること

            の2点が検討されています。

            「専門性の高い看護師」とは?報酬評価の範囲拡大を検討

            *編集部注:CNS:Certified Nurse Specialist、専門看護師、CN : Certified Nurse、認定看護師

            残り2064文字
            この記事は会員限定コンテンツです。
            会員情報をご登録いただくと、
            介護業界の経営支援に役立つ限定公開記事をお読みいただけます。
            メールアドレス
            だけで
            かんたん無料登録
            業界ニュースや
            専門家記事が
            無料で読み放題
            閲覧できる
            記事数は
            【600本】以上
            関連記事
            介護経営ドットコム編集部
            2021.12.06
            機能強化型訪問看護ステーションの要件見直しを検討、中医協
            #訪問看護 #中医協
            介護経営ドットコム編集部
            2021.12.03
            訪問看護の24時間対応体制加算の要件緩和とBCP義務化を検討
            #中医協 #訪問看護
            出口貴大
            2021.11.30
            訪問看護ステーションにおける売上を上げる戦略思考 ~訪問単価を上げよう(2)加算を取る意識の醸成~
            #訪問看護