小児への訪問看護を巡る2022年度(令和4年度)診療報酬改定に向けた方向性

2021.11.02
2022.01.18
会員限定
ホームニュース訪問看護小児への訪問看護を…

2022年度診療報酬改定を巡る議論では、年々増加している小児の訪問看護利用者をどのように支えていくかも焦点になっています。今後は、訪問看護ステーションからの情報提供に報酬上の評価が行われる「訪問看護情報提供療養費」の見直しについて検討される見通しです。

*関連記事:22年度改定での訪問看護ステーションからの理学療法士等の訪問の方向性

目次
    小児への訪問看護を巡る前回改定での施策と課題
      訪問看護師の医療機関への同行にも評価を、委員からの意見

        小児への訪問看護を巡る前回改定での施策と課題

        小児の訪問看護については、2020年度診療報酬改定で、訪問看護ステーションが15歳未満の利用者に関する情報を、自治体や幼稚園・保育所などへ必要に応じて提供した場合に評価されるようになっていました(訪問看護情報提供療養費1、2の算定要件見直し)。

        これは、市町村などが小児患者を持つ家庭などに保健サービスや福祉サービス(健康教育や健康相談、機能訓練、訪問指導など)を提供することや、幼稚園・保育所などで適切な医療的ケアが実施されることを促すための施策です。

        【画像】第493回中央社会保険医療協議会資料(10月27日開催)より(以下同様)

        22年度改定に向けた議論に入ってからはこれまで、訪問看護ステーションと小児患者に関わる関係機関の間で、患者の成長に合わせてさらにきめ細かく、また、切れ目のない情報共有を進めていく必要性が指摘されてきました。そこで、厚生労働省は、10月27日の中央社会保険医療協議会(中医協)で、報酬評価の対象と認められる情報提供先を高校や障害児相談支援事業所などにも広げることや、報酬が算定できる頻度の見直しについて、検討を促しました。

        残り1297文字
        この記事は会員限定コンテンツです。
        会員情報をご登録いただくと、
        介護業界の経営支援に役立つ限定公開記事をお読みいただけます。
        メールアドレス
        だけで
        かんたん無料登録
        業界ニュースや
        専門家記事が
        無料で読み放題
        閲覧できる
        記事数は
        【600本】以上
        関連記事
        鶴ケ谷理子
        2022.11.30
        訪問看護事業のM&Aー成功のカギはM&A実施後の統合プロセスにあり
        #訪問看護 #事業承継・M&A
        鶴ケ谷理子
        2022.11.15
        訪問看護事業所における人間関係の不和の根本的改善―理論に基づく訪問看護経営(9)
        #訪問看護 #リスク管理
        上妻裕弥
        2022.10.30
        訪問看護師のエンゲージメント向上のポイント【1】~職員と組織の信頼関係の築き方~
        #訪問看護 #リスク管理 #サービス品質向上