福祉用具の貸与原則から販売への見直しに慎重意見が多数、第2回あり方検討会

2022.04.22
2022.04.22
会員限定
ホームニュース介護福祉用具の貸与原則…

厚生労働省は3月31日、第2回となる「介護保険制度における福祉用具貸与・販売種目のあり方検討会」を開きました。本検討会では「貸与」を基本原則とする介護保険制度上の福祉用具の扱い等が議題となっています。

2月の初会合での議論を踏まえ、厚労省は、「現行制度における福祉用具貸与と特定福祉用具販売の考え方の再整理の必要性」や在宅で生活する要介護者が福祉用具を利用する際の「介護支援専門員による支援」など5つの論点を「着目すべき」ものとして、専門家に意見を求めました。

*関連記事:福祉用具貸与のみのケアプランなどを対象に集中的に検討、厚労省

目次
    「福祉用具貸与・販売種目のあり方」議論、これまでの経緯と論点
      福祉用具「貸与」品目の販売への移行、専門家は安全性に懸念
        介護支援専門員による福祉用具利用者の支援は”貸与でも自己負担でも同程度とすべき”との声も
          制度の見直しに慎重な議論を求める声が大多数、次回も検討継続

            「福祉用具貸与・販売種目のあり方」議論、これまでの経緯と論点

            この検討会は、以下の3点を検討する場として2月に新たに立ち上げられました。

            ①福祉用具貸与・特定福祉用具販売の現状と課題を踏まえたあり方の検討
            ②福祉用具貸与・特定福祉用具販売に係る適正化の方策
            ③福祉用具貸与・販売に関する安全な利用の促進、サービスに質の向上等への対応

            【画像】第2回介護保険制度における福祉用具貸与・販売種目のあり方検討会に関する資料(資料2)より

            これらの論点は、2021年度の介護報酬改定に関する審議報告でも「今後の課題」として積み残されてきたものです。

            今回は、1つ目の議題「福祉用具貸与・特定福祉用具販売の現状と課題を踏まえたあり方の検討」について、前回の意見を踏まえたうえで厚労省が5つの論点を提示。各専門家がこれに沿って意見を述べました。

            <今回の論点>

            1.現行制度における福祉用具貸与と特定福祉用具販売の考え方の再整理の必要性

            残り2414文字
            この記事は会員限定コンテンツです。
            会員情報をご登録いただくと、
            介護業界の経営支援に役立つ限定公開記事をお読みいただけます。
            メールアドレス
            だけで
            かんたん無料登録
            業界ニュースや
            専門家記事が
            無料で読み放題
            閲覧できる
            記事数は
            【600本】以上
            関連記事
            介護経営ドットコム編集部
            2022.12.05
            2024年介護保険制度改正に向けて残る焦点は高所得利用者層の負担拡大に
            #介護保険部会 #居宅系サービス #施設系サービス
            畑山浩俊
            2022.11.30
            【現代の管理者に必須】メンタルヘルス不調の介護職員への労務対応
            #リスク管理 #居宅系サービス #施設系サービス
            介護経営ドットコム編集部
            2022.11.29
            2022年度からの介護現場での指導の変更点まとめ
            #運営指導(実地指導) #居宅系サービス #施設系サービス