10月の賃上げ改定、介護職員等特定処遇改善加算の枠組み引き継ぐ形で審議報告へ

2022.02.08
2022.03.01
会員限定
ホームニュース介護10月の賃上げ改定…

社会保障審議会・介護給付費分科会は2月7日、2022年10月の臨時介護報酬改定で実施する処遇改善(介護職員等特定処遇改善加算(仮称)の創設)について協議しました。これまで具体策を議論してきた内容に沿って、「審議報告」をまとめます。
期中改定であることなどから、2月から運用が始まっている「介護職員処遇改善補助金」の仕組みを基本的に引き継ぐものとすることなどを正式に認めます。

目次
    2022年10月臨時介護報酬での対応についての見解が明文化
      介護職員処遇改善支援補助金巡り混乱も、自治体から国による事業者への制度説明要望

        2022年10月臨時介護報酬での対応についての見解が明文化

        介護給付費分科会の総意としてまとめられる審議報告では、介護職員等特定処遇改善加算(仮)の創設について、以下の枠組みで実施することを示します。

        (1)加算の対象(取得要件)
        ・ 加算対象のサービス種類は、これまでの介護職員処遇改善加算等と同様のサービス種類とする。
        ・一定のキャリアパスや研修体制の構築、職場環境等の改善が行われることを担保し、これらの取組を一層推進するため、介護職員等特定処遇改善加算と同様、現行の介護職員処遇改善加算(I)から(III)までを取得している事業所を対象とする。
        ・加算額の3分の2以上はベースアップ等(「基本給」又は「毎月決まって支払われる手当」)の引上げに用いる。
        (2)加算率の設定
        ・ サービス種類ごとの加算率は、介護職員処遇改善加算と同様、それぞれのサービス種類ごとの介護職員の数に応じて設定する。
        (3)事業所内における配分方法
        ・事業所の判断により、介護職員以外の職員の処遇改善にこの処遇改善の収入を充てることができるよう、柔軟な運用を認める。事業所内の配分方法に制限は設けない。

        *関連記事:10月の臨時改定に向け検討開始、厚労省は新たな処遇改善加算の創設を提案

        賃上げの在り方については、分科会の委員からもこれまで指摘や懸念事項、一部反対意見などが表明されています。しかし、10〜3月までの対応についての見解は今回で概ねまとめられることとなりました。

        なお、検討における付随意見としては、現時点で以下の内容が明文化されています。

        ▽これまで処遇改善の対象となっていないサービス種類・職種についても、これらのサービス種類・職種における担い手不足や賃金の実態等を踏まえ、加算の対象とすべき。

        残り1829文字
        この資料は会員限定コンテンツです。
        会員情報をご登録いただくと、
        介護業界の経営支援に役立つ限定公開記事をお読みいただけます。
        業界ニュースや
        専門家記事が
        無料で読み放題
        加算も取得できる
        研修動画が
        無料で見放題
        業務で使う
        各種帳票が
        無料ダウンロード
        関連記事
        南 マイコ
        2023.03.31
        コロナ禍の影響受けても居宅介護支援は増収―令和4年度介護事業経営概況調査分析
        #介護給付費分科会 #施設系サービス #居宅系サービス
        杉山晃浩
        2023.02.28
        【令和5年度版】厚労省予算から読み解く介護事業者向け狙い目助成金
        #補助金・助成金 #損益改善 #リスク管理
        介護経営ドットコム編集部
        2023.02.03
        21年度報酬改定後に居宅介護支援など一部除く事業収支が悪化―令和4年度介護事業経営概況調査
        #介護給付費分科会 #居宅系サービス #施設系サービス