10月の臨時改定に向け検討開始、厚労省は新たな処遇改善加算の創設を提案

2022.01.13
2022.01.13
会員限定
ホームニュース介護10月の臨時改定に…

社会保障審議会・介護給付費分科会は1月12日、10月の臨時介護報酬改定によって介護職員らの処遇改善を継続するための議論を始めました。厚生労働省は更なる処遇改善を図るための加算を創設する方針を示しています。その要件や対象、申請手順などは介護職員処遇改善支援補助金の仕組みを引き継ぐことを提案しました。

目次
    新加算も介護職員処遇改善支援補助金の枠組み踏襲、受付は8月開始予定
      新加算での加算率は介護職員処遇改善支援補助金から一部変更
        未だ調整続く介護職員処遇改善支援補助金についても委員から要望

          新加算も介護職員処遇改善支援補助金の枠組み踏襲、受付は8月開始予定

          政府の方針に沿い、介護職員や事業所が対象とする職員の2月から9月まで賃上げを手当てする「介護職員処遇改善支援補助金」による処遇改善効果を維持するため、2022年10月には臨時で介護報酬改定が行われることが決まっています。

          この10月からの対応について厚労省は、

          ・介護職員処遇改善加算(I)(II)(III)のいずれかを取得していることを算定要件とする
          ・賃金改善額の3分の2以上は、基本給か毎月支払う手当の引き上げによるものとする
          ・事業所の裁量でほかの職員の処遇改善に加算による収入を充てることができる
          ・加算額については、対象サービスごとに介護職員数(常勤換算)に応じて必要な加算率を設定し、各事業所の介護報酬にその加算率を乗じて単位数を算出する
          ・申請の際は、都道府県等に介護職員・その他職員の月額の賃金改善額(総額)を記載した計画書を、賃金改善期間終了後は対象とする職員全体の改善額を報告する

          といった介護職員処遇改善支援補助金の基本的な枠組みを踏襲した加算を創設することを提案しました。

          残り1837文字
          この資料は会員限定コンテンツです。
          会員情報をご登録いただくと、
          介護業界の経営支援に役立つ限定公開記事をお読みいただけます。
          業界ニュースや
          専門家記事が
          無料で読み放題
          加算も取得できる
          研修動画が
          無料で見放題
          業務で使う
          各種帳票が
          無料ダウンロード
          関連記事
          介護経営ドットコム編集部
          2022.08.01
          介護職員等ベースアップ等支援加算算定で選ばれる介護事業所になるための準備を
          #介護給付費分科会 #報酬改定 #リスク管理
          介護経営ドットコム編集部
          2022.07.22
          訪問リハの診療未実施減算に関するQ&A(vol.12)を発出、厚労省
          #訪問リハ #報酬改定
          介護経営ドットコム編集部
          2022.07.15
          介護付有老などの人員配置緩和検討に向け厚労省が現場データの収集へ
          #居宅系サービス #報酬改定 #介護給付費分科会