「医療・介護連携」に悩むケアマネジャー~『介護の質の評価に関する調査』から (2)~東洋大・高野龍昭

2022.12.09
2022.12.22
会員限定
ホームニュース専門家コラム「医療・介護連携」…

このコラム(連載)は、高齢者社会ラボによる『介護の質の評価に関する調査』(アセスメント編ケアプラン~モニタリング編・以下「本調査」)の結果をもとに、そのなかで私が「気になるポイント」を示しながら、介護支援専門員(以下「ケアマネジャー」)のみなさんの実務に役立つ情報提供や論考を行うものです。

今回(第2回目)は、兼ねてからケアマネジャーに対して指摘され続けている「医療・介護連携」について、あらためて考えてみたいと思います。

目次
    ケアマネジャーと医療関係者との連携体制は脆弱という結果に
      ケアマネジャーが「医療・介護連携」を苦手にしないためには
        医師や医療専門職との連携で利用者本位のケアマネジメント実現を

        ケアマネジャーと医療関係者との連携体制は脆弱という結果に

        本調査の結果で、私が最も気になったポイントは、「アセスメントにおける分析時の連携相手」(図1)と「サービス担当者会議の参加者」(図2)で、医師などの医療関係者とケアマネジャーの連携体制が極めて弱いことが示されていることです。

        (図1)

        (図2)

        前者では、「医師」と「ほぼ毎回連携している」という回答は22.3%にとどまり、「看護師」と「ほぼ毎回連携している」という回答も25.9%に過ぎません。その他の選択肢である福祉系専門職との連携の状況と比べると、かなりの低率となっています。

        また、後者では、担当者会議の参加者について、「医師」が「ほとんど参加していない」「全く参加していない」という回答は、合わせて80%を超えています。また、「栄養指導員」についての同様の回答も、合わせて80%近くなっています。

        さらに、本調査と並行して行われた『介護の質の評価に関するインタビュー調査』では、担当者会議の実施において困難に感じていることとして、複数のケアマネジャーから「日程調整が困難」という悩みの訴えがあったほか、あるケアマネジャーからは「医師がこちらで調整した時間の担当者会議に必ずしも出席してくれるわけではない」という問題点も示されています。

        これらの結果からは、ケアマネジャーが医療分野の専門職との連携をうまく図れていないことが示唆されていると言ってよいでしょう。利用者(要介護高齢者等)の大多数は医療的なニーズも抱えながら日々暮らしていますから、その暮らしを支援する使命を背負ったケアマネジャーにとって、このことは大きな問題点だと指摘できます。

        一方、別の全国規模の調査(※注1)によると、居宅介護支援事業所のケアマネジャーが保有する資格(複数回答)は、介護福祉士が約72.0%、社会福祉士が約14.6%など、福祉分野に軸足を置いているケアマネジャーが多数であることが示されています。つまり、身体面・精神心理面・社会環境面の複合的な視点からアセスメントやケアプラン作成を行う必要のあるケアマネジメントにおいて、必ずしも身体機能や精神機能に関する専門性が高くない福祉系専門職がケアマネジャーの実務を多く担っている実態にあるわけです。この意味では、医療専門職との連携が自分自身の知識や技術を補完するうえでも欠かせないはずです。そのことは、たとえば利用者の医療的リスクを見逃さないようにするといった点にも役立ちます。

        ケアマネジャーが「医療・介護連携」を苦手にしないためには

        高齢者分野における医療・介護連携は、1980年代の老人保健制度の時代から積年の課題となっています。一朝一夕に解決する問題でもありません。なによりも、介護・福祉専門職にとっては、医療機関や医療専門職の「敷居の高さ」を感じることも多いでしょう。

        残り1313文字
        この資料は会員限定コンテンツです。
        会員情報をご登録いただくと、
        介護業界の経営支援に役立つ限定公開記事をお読みいただけます。
        業界ニュースや
        専門家記事が
        無料で読み放題
        加算も取得できる
        研修動画が
        無料で見放題
        業務で使う
        各種帳票が
        無料ダウンロード
        関連記事
        鶴ケ谷理子
        2023.02.07
        訪問看護事業のM&Aを実施する際に経営者が押さえておくべき3つのポイント
        #訪問看護 #事業承継・M&A #リスク管理
        鶴ケ谷理子
        2023.01.31
        訪問看護事業のM&A後の統合プランの考え方:全くの異業種が訪問看護ステーションをM&Aをする場合
        #訪問看護 #事業承継・M&A #リスク管理
        出口貴大
        2023.01.31
        訪問看護ステーションにおける教育プログラムと研修計画の作り方~最初に行うべき大切なこと
        #訪問看護 #リスク管理