介護事業所の人手不足を補うための方策│健康経営を実践しよう!

2023.10.30
2023.10.30
会員限定
ホームニュース専門家コラム介護事業所の人手不…
目次
    1.健康経営とは?
      2.メリット1 従業員の健康
        3.メリット2 企業のイメージ向上
          4.メリット3 経済的メリット
            5.健康経営をはじめよう

            1.健康経営とは?

            健康経営とは、企業が従業員の健康を大切にし、それを経営の中心に置く考え方です。従業員の健康を守り、向上させるためのさまざまな取り組みを行うことを指します。これにより、従業員が元気で働きやすい環境を作ることができ、企業全体の生産性や業績も向上すると考えられています。

            経済産業省は、健康経営の重要性を認識し、企業が健康経営に取り組むことを支援しています。具体的には、「健康経営銘柄」や「健康経営優良法人」という名前で、健康経営に優れた企業を選定し、それを公表することで、他の企業にも健康経営を推進するよう促しています。

            健康経営の実践によって、企業は次の3つのメリットを享受できます。

            1 従業員の健康:従業員が健康であれば、病気で休むことが少なくなり、長く働くことができます。また、健康な状態であれば、仕事の効率も上がり、より良い成果を出すことができます。

            2 企業のイメージ向上:健康経営を行っている企業は、社会的にも高く評価されます。これにより、優秀な人材を引き寄せることができるだけでなく、顧客からの信頼も得られやすくなります。

            3 経済的メリット:従業員が健康であれば、医療費の削減や生産性の向上など、経済的なメリットも得られます。

            2.メリット1 従業員の健康

            従業員の健康が企業にどのようなメリットをもたらすのか、次の3つの視点で具体的に解説します。

            〇身体的健康面
            エネルギーレベル: 健康な状態では、体内のエネルギー代謝が適切に機能し、疲れにくくなります。これにより、長時間の作業でも集中力を保つことができます。

            免疫力: 健康な体は病気になりにくく、もし病気になっても回復が早くなります。こうした状態が保てていれば休む日数が減少し、連続して働くことができます。

            〇精神的健康面
            ストレスの低減: 健康な状態では、ストレス耐性が高まり、仕事中の小さなトラブルやプレッシャーに対しても冷静に対応できます。

            集中力: 心の健康が保たれていると、集中力が増し、タスクに取り組む際の効率が向上します。

            意欲・モチベーション: 身体的・精神的に健康であると、自分の仕事に対する意欲やモチベーションが高まり、より質の高い成果を出す動機付けが強くなります。

            〇社会的健康面
            コミュニケーション: 健康な状態の人は、他者とのコミュニケーションがスムーズになり、チームでの作業効率や協力の質が向上します。

            周囲へのポジティブな影響: 健康な従業員は、周りの人々にもポジティブな影響を与え、全体の雰囲気やチームの生産性を向上させることができます。

            上記のメカニズムにより、健康な状態である従業員は、仕事の効率を上げ、より良い成果を出すことができると考えられています。

            一方で、不健康な従業員の存在が、介護事業所にどのような影響を及ぼすのでしょうか。

            職場の健康や生産性に関連する2つの重要な概念である、「プレゼンティーズム」と「アブセンティーズム」を解説します。

            〇プレゼンティーズム(presenteeism) 
            プレゼンティーズムは、従業員が体調やメンタルの不調にもかかわらず、職場に出勤し続ける現象を指します。

            プレゼンティーズムが発生すると、介護事業所に次のような影響を与えます。

            ①業務の質の低下: 不調のまま出勤することで、業務の効率や質が低下する可能性が高まります。

            ②ミスの増加: 体調不良や集中力の低下により、ミスが増えるリスクが高まります。

            ③感染症の拡大: 体調不良で出勤することで、感染症などの病気を他のスタッフや利用者に伝播するリスクが増加します。

            ④職場の雰囲気の悪化: プレゼンティーズムが常態化すると、職場の雰囲気やチームの連携が悪化する可能性があります。

            〇アブセンティーズム(absenteeism)
            アブセンティーズムは、従業員が病気や私事などの理由で職場を欠勤する現象を指します。

            アブセンティーズムが発生すると、介護事業所に次のような影響を与えます。

            ①業務の遅延: スタッフが欠勤することで、業務が滞るリスクが高まります。

            ②他のスタッフへの負担増: 欠勤したスタッフの業務を他のスタッフが補完する必要が出てきます。これにより、他のスタッフの負担が増加します。

            ③サービスの質の低下: スタッフが不足することで、利用者へのサービスの質が低下する可能性があります。

            ④経済的損失: 長期的な欠勤や頻繁な欠勤により、代替要員の確保や社会保険料の負担などの経済的な損失が生じる可能性があります。

            介護事業所においては、スタッフの健康やメンタルの状態が直接的にサービスの質や利用者の安全に影響を与えるため、これらの現象を適切に管理することが非常に重要です。

            プレゼンティーズムやアブセンティーズムの原因を特定し、それに対する対策を講じることで、事業所のサービスの質や経済的な健全性を維持・向上させることができます。

            健康経営を実践したくなりましたよね。

            3.メリット2 企業のイメージ向上

            健康経営が、企業のイメージ向上に寄与する具体的なメカニズムは以下の通りです。

            残り4123文字
            この資料は会員限定コンテンツです。
            会員情報をご登録いただくと、
            介護業界の経営支援に役立つ限定公開記事をお読みいただけます。
            業界ニュースや
            専門家記事が
            無料で読み放題
            加算も取得できる
            研修動画が
            無料で見放題
            業務で使う
            各種帳票が
            無料ダウンロード
            関連記事
            介護経営ドットコム編集部
            2024.06.24
            骨太方針2024が閣議決定―介護事業に関わるキーワードをまとめてチェック
            #サービス共通 #報酬改定 #リスク管理
            介護経営ドットコム編集部
            2024.06.12
            骨太方針2024の原案に2割負担の対象拡大や囲い込み対策など介護「改革」への具体項目
            #サービス共通 #報酬改定 #リスク管理
            畑山浩俊
            2024.06.04
            アセスメント未実施により1000万円の報酬返還?【畑山浩俊弁護士の事例解説】
            #リスク管理 #居宅介護支援 #運営指導(実地指導)