コロナ対応の基本報酬上乗せ、10月からの運用を厚労省担当者が説明

2021.09.27
2021.09.29
ホームニュースコロナ関連情報コロナ対応の基本報…

新型コロナ対応として9月末まで認められている介護報酬上の特例対応について、9月27日に開催された社会保障審議会・介護給付費分科会で、厚生労働省の担当者が10月以降の対応の見通しを説明しました。

*関連記事: 新型コロナ対応の基本報酬0.1%上乗せはどう算定するか 2021年4~9月までの介護報酬特例

目次
    新型コロナ特例の終了を、厚労相が24日に表明
      「直接的な経費支援に切り替え」厚労省担当者の説明と現場の要望

        新型コロナ特例の終了を、厚労相が24日に表明

        2021年度介護報酬改定では、新型コロナウイルス感染症に対応するための特例的な評価が導入され、2021年4~9月末までの間、全ての介護保険サービスで基本報酬に0.1%上乗せして算定することが認められていました。

        この記事は会員限定コンテンツです。
        続きをご覧になるには、ログインまたは会員登録をお願いいたします。
        関連記事
        介護経営ドットコム編集部
        2021.10.12
        介護事業者へのICT導入支援、都道府県の補助事業に格差
        #居宅系サービス #補助金・助成金 #業務効率化
        介護経営ドットコム編集部
        2021.10.05
        「ほとんどの施設で時間外労働」事業者からLIFEの入力負担の訴え
        #介護給付費分科会 #実地指導
        宮川拓也
        2021.09.16
        働き方改革において、介護事業者が抑えるべき労務管理のポイント④~令和3年度助成金を活用した働きやすい職場づくり~
        #補助金・助成金 #居宅系サービス #施設系サービス