コロナ対応の基本報酬上乗せ、10月からの運用を厚労省担当者が説明

2021.09.27
2021.12.06
会員限定
ホームニュースコロナ関連情報コロナ対応の基本報…

新型コロナ対応として9月末まで認められている介護報酬上の特例対応について、9月27日に開催された社会保障審議会・介護給付費分科会で、厚生労働省の担当者が10月以降の対応の見通しを説明しました。

*関連記事: 新型コロナ対応の基本報酬0.1%上乗せはどう算定するか 2021年4~9月までの介護報酬特例

目次
    新型コロナ特例の終了を、厚労相が24日に表明
      「直接的な経費支援に切り替え」厚労省担当者の説明と現場の要望

        新型コロナ特例の終了を、厚労相が24日に表明

        2021年度介護報酬改定では、新型コロナウイルス感染症に対応するための特例的な評価が導入され、2021年4~9月末までの間、全ての介護保険サービスで基本報酬に0.1%上乗せして算定することが認められていました。

        残り900文字
        この記事は会員限定コンテンツです。
        会員情報をご登録いただくと、
        介護業界の経営支援に役立つ限定公開記事をお読みいただけます。
        メールアドレス
        だけで
        かんたん無料登録
        業界ニュースや
        専門家記事が
        無料で読み放題
        閲覧できる
        記事数は
        【600本】以上
        関連記事
        介護経営ドットコム編集部
        2022.09.22
        物価高対策で政府6,000億円拠出 支援の推奨メニューに介護も
        #補助金・助成金 #居宅系サービス #施設系サービス
        介護経営ドットコム編集部
        2022.08.31
        技能実習生らの人員配置基準の取扱い緩和を提案、厚労省
        #要件緩和 #介護給付費分科会 #施設系サービス
        介護経営ドットコム編集部
        2022.08.01
        介護職員等ベースアップ等支援加算算定で選ばれる介護事業所になるための準備を
        #介護給付費分科会 #報酬改定 #リスク管理