「エビデンス・ベースド・ナーシングマネジメントで学ぶ訪問看護ステーション経営のコツ(1)

2021.12.27
2022.01.05
会員限定
ホームニュース専門家コラム「エビデンス・ベー…
目次
    はじめに
      ステーションの状態を診断するツール:GRPIモデル
        訪問看護ステーションの雰囲気の悪さの真の原因
          目標と役割を明確にし、段取りを整えることが人間関係改善の基本

          はじめに

          団塊の世代が後期高齢者となる2025年以降の地域包括ケアを支えるために、訪問看護ステーションの重要性はますます高まっています。

          このような状況に対応するために看護業界団体は訪問看護事業所数の増加・機能拡大を推進していますが、今のところニーズの増加に対応できるだけの訪問看護事業数にはなっていません。

          例えば、全国訪問看護事業協会が2021年に行った『令和3年度 訪問看護ステーション数 調査結果』によれば、令和2年度の訪問看護ステーションの新規届出数は1,633件ですが、廃止数が541件となっています。ニーズはあるのに上手くいかない事業所が多いのはなぜでしょうか。どうすれば今後ますますニーズ増加の見込まれる訪問看護事業を円滑に経営できるのでしょうか。

          そのためには、経験や勘に頼ったマネジメントではなくケアの現場と同様に、根拠に基づいた訪問看護のマネジメントを行うことができる経営者・管理者の存在が重要になります。

          本連載では、訪問看護ステーション経営で起きる様々な問題の解決に、エビデンス・ベースド・ナーシングマネジメント(※1)の観点から役立つ知見をご紹介していきます。

          ステーションの状態を診断するツール:GRPIモデル

          第1回目の今回は、訪問看護ステーションで良く起こるスタッフ間の仲違いや雰囲気の悪さの解決のために、管理者(あるいは経営者)として何ができるかについて取り上げます。このような時に役立つステーションの状態を診断するツールである『GRPI(グリッピィ)モデル』をご紹介いたします。

          残り2230文字
          この記事は会員限定コンテンツです。
          会員情報をご登録いただくと、
          介護業界の経営支援に役立つ限定公開記事をお読みいただけます。
          メールアドレス
          だけで
          かんたん無料登録
          業界ニュースや
          専門家記事が
          無料で読み放題
          閲覧できる
          記事数は
          【600本】以上
          関連記事
          介護経営ドットコム編集部
          2022.01.18
          2022年度(令和4年度)改定に向けた中医協の議論の整理・訪問看護まとめ
          #訪問看護 #中医協 #報酬改定
          畑山浩俊
          2022.01.18
          行方不明事故にどう備える?介護事業者が実践すべき対策~事後対策編~
          #リスク管理 #施設系サービス #居宅系サービス
          鈴木典子
          2022.01.14
          「自分の人生を生きるためのACP」~II.訪問看護従事者・介護福祉関係者ができるACP支援~
          #訪問看護 #サービス品質向上 #居宅系サービス