EPA介護福祉士候補者と技能実習生の人員配置即日算入について年内にとりまとめ:厚労省

2023.11.29
2023.11.29
会員限定
ホームニュース介護EPA介護福祉士候…

現在、人材不足への対応などを目的として、外国人介護人材に関する規制緩和について検討が進んでいるところです。
今夏から開催されている「外国人介護人材の業務の在り方に関する検討会」では、EPA介護福祉士候補者および技能実習生を就労直後から人員配置基準に算入する規制緩和案の是非について意見が交わされてきました。

主要な論点のうち、訪問系サービスで技能実習生らの従事を認めるかどうかについてはまだ時間をかけて検討が行われるようです。一方、EPA介護福祉士候補者と技能実習生に関する人員配置基準上の扱いについては、年内に方向性が決まる見通しです。

目次
    外国人介護人材の業務の在り方に関する検討会で話し合われてきたテーマ
      人員配置基準緩和へ向かうエビデンスを共有 8割の事業所は前向き
        即時算定か条件を設定したうえでの緩和かで意見分かれる

          外国人介護人材の業務の在り方に関する検討会で話し合われてきたテーマ

          本検討会は、外国人介護人材の受入れに関する規制緩和について、社会保障審議会・介護給付費分科会を補完する形で検討を進めています。

          第1回(7月開催)は以下について検討が行われていました。

          1. 訪問系サービスで今後、技能実習生や特定技能の在留資格を持つ外国人の従事を認めるかどうか。
          2. 技能実習生の受け入れは設立後3年を経過している事業所にしか認められていないが、新制度ではこのルールを見直すかどうか。
          3. 技能実習生らは、
            ①就労開始後6カ月が経過した場合
            ②日本語能力試験のN2またはN1に合格している場合
            のどちらかの場合に人員配置基準への算定が認められているが、この取扱いについてどう考えるか。

          そして第2回検討会(10月開催)は3つ目の「外国人介護人材に係る人員配置基準上の取り扱い」を議題とし、EPA介護福祉士候補者と技能実習生を、就労開始直後から人員配置基準に算入するという規制緩和について集中的に話し合いが行われました。

          なお、同様のテーマが社保審・介護給付費分科会でも取り上げられています(9月8日)。

          人員配置基準緩和へ向かうエビデンスを共有 8割の事業所は前向き

          EPA介護福祉士候補者と技能実習生は、人員配置基準上、「日本語能力試験N2を取得している者」か「就労開始後6ヵ月を経過した者」が算定できます。

          現在、この規定について、就労開始直後から人員配置基準に算入する方向で検討が進んでいます。

          (【画像】第2回外国人介護人材の業務の在り方に関する検討会資料より(以下同様)

          本検討の場においては、EPA介護福祉士候補者と技能実習生を含む外国人介護人材の受入施設・事業所向け意見などが共有されています。基準緩和をポジティブに捉える回答は、EPA介護福祉士候補者で約76%、技能実習生で約80%と、8割に迫る事業者が前向きな回答を示しています。

          即時算定か条件を設定したうえでの緩和かで意見分かれる

          これらを受け、慎重な検討を求める声も一部ありますが、方針自体には賛成が目立ちます。ただし賛成派の中でも、どういった条件や基準のもとで算入していくべきかという点では、意見が分かれています。

          斎藤正行構成員(全国介護事業者連盟)は「事業者団体の立場とすれば、特定技能を含めた整合性を取っていくということで、即日配置要件に加える対応をぜひとも取っていただきたい」と言及。加えて、給付費分科会等であがっている「事業所の裁量に委ねる」という意見に対し「基本的には即日対応ができることを前提とした中で、事業者が個々に対応・判断できる形にしてほしい」と要望を述べました。近藤篤構成員(民間介護事業推進委員会)や富家隆樹構成員(日本慢性期医療協会)らも即時算定に賛同する意見を提示しています。

          残り681文字
          この資料は会員限定コンテンツです。
          会員情報をご登録いただくと、
          介護業界の経営支援に役立つ限定公開記事をお読みいただけます。
          業界ニュースや
          専門家記事が
          無料で読み放題
          加算も取得できる
          研修動画が
          無料で見放題
          業務で使う
          各種帳票が
          無料ダウンロード
          関連記事
          杉山晃浩
          2024.01.04
          同一労働同一賃金にまつわるリスクと対応―介護職員に考え方を説明できますか?
          #リスク管理 #居宅系サービス #施設系サービス
          南 マイコ
          2023.12.25
          【2024年度介護報酬改定】介護医療院・老健の多床室の室料負担は一部類型への導入で決着│反対多数も「月額8,000円相当」
          #老健 #施設系サービス #報酬改定
          介護経営ドットコム編集部
          2023.12.22
          介護保険サービス利用者の2割負担層の基準は「2027年度までに結論」―厚労相が明言
          #居宅系サービス #施設系サービス