行政への文書、ウェブ入力・電子申請化へ 「情報公表システム」改修案で来年度にも運用開始予定

2021.03.22
2021.03.22
ホームニュース介護行政への文書、ウェ…

3月17日に社保審・介護保険部会による第8回文書負担軽減に関する専門委員会が開かれ、介護現場の文書負担の軽減に向けた議論が行われました。文書量軽減に向けた行政への提出書類のウェブ入力・電子申請について、具体案やスケジュールが明示されましたので、整理していきます。

関連記事:介護分野の文書負担軽減、全都道府県の実施率平均は77% 社保審・専門委員会

目次
    ICT等の活用に関する取組みの方向性
      情報公表システムを活用したウェブ入力・電子申請の実現案
        2022年度に運用スタート予定

          ICT等の活用に関する取組みの方向性

          本専門委員会では、文書負担の軽減に向けて「簡素化・標準化・ICTの活用」の3つの視点で検討し、取り組みが進んでいます。「ICT等の活用」の視点においては、行政への提出書類のウェブ入力・電子申請が検討されています。

          ウェブ入力・電子申請のためのシステムとして、各都道府県の「指定事業者管理システム」を改修する案や、「指定業者管理システム」を国に集約して新システムを構築する案、「介護サービス情報公表システム」の機能を拡張する案の3案が検討され、厚労省は本委員会で、「介護サービス情報公表システム」を改修する案が最適であるとの結論を明示しました。

          情報公表システムを活用したウェブ入力・電子申請の実現案

          「介護サービス情報公表システム」を活用した、指定申請・変更届等の入力項目の標準化等の実現について、厚労省は下記のイメージ図とともに、具体的な改修案を提示しています。

          ①事業者が基本的な申請情報を入力

          ②必要申請書類等は適宜ダウンロードして活用

          ③平面図や資格証等の必要書類を添付したうえで自治体へ申請

          ④申請情報はクラウド上に保存

          ⑤申請先の自治体に事業所からの指定申請の通知が届く

          ⑥確認した自治体がクラウド上の申請情報をダウンロードして活用

          現状の介護サービス情報公表システムの機能を活用し、上記の手順にて指定申請等を実施する流れが想定されています。

          2022年度に運用スタート予定

          ICTの活用による文書負担の軽減に向け、厚労省は2021年度中に上記システムの改修を実施し、2022年度に運用が開始できるよう対応していく予定で、スピード感のある対応に期待が高まります。

          引用:第8回社保審・介護保険部会「介護分野の文書に係る負担軽減について」より

          関連記事
          南 マイコ
          2021.03.23
          実地指導や変更届の頻度など、介護文書の標準化・簡素化に向けた5つの対応が明確に 社保審・専門委員会
          #介護保険部会 #業務効率化
          南 マイコ
          2021.03.19
          介護分野の文書負担軽減、全都道府県の実施率平均は77% 社保審・専門委員会
          #業務効率化 #介護保険部会
          谷村 光二
          2020.11.30
          テレビ電話での会議開催を原則可能に ケアプランの押印不要など負担軽減も
          #介護給付費分科会 #報酬改定 #業務効率化