小多機、基本報酬や訪問体制強化加算の見直し案が提示 委員からは賛否両論の意見あり

2020.11.30
2020.11.30
ホームニュース介護小多機、基本報酬や…

第193回社保審・介護給付費分科会が11月16日に開かれ、2021年度の介護報酬改定に向けた具体的な論点と対応案が示されました。小規模多機能型居宅介護(以下、小多機)に関しては、要介護度別の基本報酬の見直し案や、訪問体制強化加算の適正化などが議題となり、専門家から賛否の声があがりました。

目次
    要介護に応じた報酬設定の見直し案、一部反対意見も
      訪問回数に応じた訪問体制強化加算の適正化を検討

        要介護に応じた報酬設定の見直し案、一部反対意見も

        在宅限界を高める地域の拠点としての役割が期待されている小多機ですが、経営状況が厳しい点や要介護ごとの報酬設定の見直しについて、以前から議題となってきました。経営悪化の背景には、要介護度ごとの報酬設定がアンバランスであり、要介護1・2と要介護3~5の間で大きな差があることが指摘されています。

        関連記事:小多機、5割以上が赤字経営の報酬体系にメス 訪問体制強化加算に新区分の創設も検討(第187回分科会)

        本分科会では最新データとして、2020年度経営実態調査結果を提示。小多機の収支差率(2019年度決算)は3.1%であり、40.9%の事業所が赤字経営である現状が示されました。

        これらを踏まえ、厚労省は要介護1・2の利用者について基本報酬を引き上げる対応案を提示しました。全国老人福祉施設協議会の小泉立志氏は賛成しつつも、前出に示した基本報酬グラフについて「区分支給限度額を超えない程度に緩やかにするべき」とし、見直し案に意見を述べました。

        一方、日本経済団体連合会の間利子参考人は「全サービス平均(収支差率)が2.4%のところ、小多機は3.1%。6割の事業所が黒字だということも踏まえると、基本報酬の見直し案には賛同しがたく、“利用者が少ない等の地域ニーズの把握”や、“黒字事業所の経営実態”を踏まえた小多機のあり方を検討するべき」と、反対意見を述べました。

        訪問回数に応じた訪問体制強化加算の適正化を検討

        本分科会では、小多機の訪問サービスを積極的に促進することを目的とし、現行の訪問体制強化加算をベースに、1月あたりの延べ訪問回数が一定数以上の事業所を、上乗せ評価する加算の新設が提案されました。併せて、訪問回数が一定以下の事業所については報酬を減算する案も提示されました。

        検討案について、日本介護福祉士会副会長の藤野裕子氏は「本質的には訪問回数の多い少ないではなく、利用者にとっての必要性に見合った訪問となっているかの評価が必要」と苦言を呈しました。2021年度の介護報酬改定に向け、今後の議論に注目が集まります。

        引用:第193回社保審・介護給付費分科会「小規模多機能型居宅介護の報酬・基準について」より

        関連記事
        畑山浩俊
        2021.07.27
        介護事故をどう防ぐか~安全配慮義務と介護テックの関係性~
        #居宅系サービス #施設系サービス
        宮川拓也
        2021.07.27
        働き方改革において、介護事業者が抑えるべき 労務管理のポイント②
        #居宅系サービス #施設系サービス
        介護経営ドットコム編集部
        2021.07.16
        訪問介護をはじめ訪問看護などを展開するNPO法人はなうた鷲尾氏の経営哲学
        #居宅系サービス #訪問介護 #訪問看護 #居宅介護支援