24年度介護保険制度改正の行方は?介護政策に関する財務省の主張と政府方針をチェック

2021.06.11
2021.06.11
ホームニュース介護24年度介護保険制…

政府の経済財政諮問会議は9日、経済財政運営と改革の基本方針 2021(骨太方針2021)の原案をまとめました。これに先だって、財務相の諮問会議は社会保障費を抑制する観点から区分支給限度額の在り方の見直しや、福祉用具の貸与のみをケアプランに位置付ける居宅介護支援の基本報酬の引き下げなどを主張していました。次期24年度の介護保険制度改正・報酬改定に向けた検討の方向性が、早くも打ち出され始めています。財務省側(経済界のメンバーなど)の主張や、それを受けて示された政府方針など、直近の動向を抑えておきましょう。

目次
    24年改定に向けた財務省の主張
      骨太方針2021原案の介護事業に関する記載

        24年改定に向けた財務省の主張

        財務相の諮問会議(財政制度等審議会・財政制度等分科会)は5月にまとめた提言(財政健全化に向けた建議)で、社会保障費を抑制する観点から介護に関する施策として以下の内容を求めています。

        ・利用者負担の見直し
        (原則2割とすることや2割負担の対象範囲の拡大を図ることを検討する)
        ・介護人材確保の取組とICT化等による生産性向上
        ・ケアマネジメントの在り方の見直し
        ・多床室の室料負担の見直し
        (介護老人保健施設・介護医療院・介護療養病床の多床室室料相当額について基本サービス費等から除外するよう見直す)
        ・地域支援事業(介護予防・日常生活支援総合事業)の事業費上限超過の抑制
        ・区分支給限度額の在り方の見直し
        ・居宅サービスについての保険者等の関与の在り方
        ・軽度者に対する居宅療養管理指導サービス等の給付の適正化
        ・介護サービス事業者の経営状況の把握
        (事業報告書等の報告・公表の義務化)

        生産性向上に関しては、22 年6月までに施行される「社会福祉連携推進法人制度」の積極的な活用を促すなど、経営主体の統合・再編等による介護事業所・施設の運営効率化を促す施策を講じていくことも求めています。

        また、ケアマネジメントの見直しについては24年度介護報酬改定での利用者負担導入だけでなく、福祉用具の貸与のみを行うケースについては報酬の引下げを行うことなどを盛り込むよう提言していました。

        この記事は会員限定コンテンツです。
        続きをご覧になるには、ログインまたは会員登録をお願いいたします。
        関連記事
        介護経営ドットコム編集部
        2021.08.20
        介護医療院の収益は高水準で2021年度改定機に開設は加速?業界への影響は
        #施設系サービス #報酬改定
        畑山浩俊
        2021.08.17
        誤解の多い「虐待」~高齢者虐待防止法(※)を正しく理解しよう~
        #報酬改定 #施設系サービス #居宅系サービス
        介護経営ドットコム編集部
        2021.08.16
        LIFEで2度目のフィードバック開始、登録データはデイサービスで16万件以上に
        #通所介護 #報酬改定 #施設系サービス