ウィズコロナ社会の高齢者施設等での面会について厚労省の方針と考えは?

2023.03.07
2023.03.07
会員限定
ホームニュースコロナ関連情報ウィズコロナ社会の…

マスクの着用に関する政府方針など、新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策は”個々の判断”に委ねられているところです。高齢者施設等での面会や外出の制限についても、それぞれの現場で判断や対応に悩まれているでしょう。入所者の心身の健康への悪影響を懸念し、厚生労働省は高齢者施設等での面会再開を推進していることをご存知でしょうか。

ウィズコロナ社会での面会のポイントや留意点、対面面会を再開した事業所での取り組み事例など、厚労省がこれまでに示している方針を整理してご紹介します。

目次
    厚労省が高齢者施設等での面会の再開を推奨する背景
      高齢者施設等での面会再開にあたっての留意点
        対面面会を再開した高齢者施設での取り組み事例

        厚労省が高齢者施設等での面会の再開を推奨する背景

        厚労省が発信している啓蒙ツールを監修した東北大学大学院の小坂健教授)は、面会機会の減少が施設入所者に与える悪影響について下記のように述べています。

        • 物忘れが激しくなるなどの認知機能低下
        • 気分の落ち込み
        • 不安等による食欲不振から生じる低栄養状態

        2023年5月8日からは新型コロナウイルス感染症を5類感染症に位置付ける方針が決定されたことも踏まえ、厚労省は感染リスクを最大限に考慮したうえで対面面会を再開することを推奨しています。

        なお、新型コロナの感染症法上の位置付けの変更に伴って医療現場では必要な対策や措置の見直しが段階的に図られる予定です。3月上旬を目途に具体的な方針が示される予定ですが、介護施設での対応にも影響するかもしれません。

        *参考:首相官邸サイト「新型コロナウイルス感染症の感染症法上の位置づけの変更等に関する対応方針について」加藤勝信厚生労働相の定例記者会見概要(3月3日)

        高齢者施設等での面会再開にあたっての留意点

        残り2312文字
        この資料は会員限定コンテンツです。
        会員情報をご登録いただくと、
        介護業界の経営支援に役立つ限定公開記事をお読みいただけます。
        業界ニュースや
        専門家記事が
        無料で読み放題
        加算も取得できる
        研修動画が
        無料で見放題
        業務で使う
        各種帳票が
        無料ダウンロード
        関連記事
        介護経営ドットコム編集部
        2024.06.12
        骨太方針2024の原案に2割負担の対象拡大や囲い込み対策など介護「改革」への具体項目
        #サービス共通 #報酬改定 #リスク管理
        畑山浩俊
        2024.06.04
        アセスメント未実施により1000万円の報酬返還?【畑山浩俊弁護士の事例解説】
        #リスク管理 #居宅介護支援 #運営指導(実地指導)
        杉山晃浩
        2024.06.03
        ✖✖をしていないと”自宅での突然死”が過労死として事業者の責任に?判決から学ぶ事業所の労務対策
        #リスク管理 #人材採用/定着 #サービス共通