2022年度診療報酬改定の訪問看護の論点「複数名訪問看護加算」と「退院支援指導加算」

2021.12.13
2021.12.14
会員限定
ホームニュース訪問看護2022年度診療報…

社会保障審議会では2022年度診療報酬改定について基本方針がまとめられたところです。12月10日の中央社会保険医療協議会(中医協)は、それを受けた意見を後藤茂之厚生労働相に提出しました。改定の基本方針には、重点課題として「質の高い訪問看護の確保」も位置付けられています。

これまで、訪問看護の方向性について検討されてきた内容を振り返ってみると、医療的なニーズを抱えたまま退院する患者がスムーズに在宅に戻るために、訪問看護ステーションがその力を発揮することが求められているといえます。

複数名訪問看護加算や退院支援指導加算の見直しを巡る検討に主眼を置き、退院時の評価を巡る議論を振り返ります。

目次
    2022年度診療報酬改定に向けた訪問看護のこれまでの論点
      複数名訪問看護加算と難病等複数回訪問加算の見直しが検討事項に
        退院支援指導加算の評価、円滑な在宅移行促すには現状では不十分?

          2022年度診療報酬改定に向けた訪問看護のこれまでの論点

          中医協で、急性期医療や在宅医療といった分野ごとの改定方針について検討が始まって以降、訪問看護をテーマとした議論は3回行われました。個別の改定項目まで落とし込んだ検討事項は、例年通り年明け以降に示されることになるでしょう。その前に今年末には、財務相と厚生労働相間の予算の折衝を経て、診療報酬全体の改定率が決定します。

          訪問看護の改定方針を巡る3回目の検討の場では、厚生労働省が検討すべき事項について、

          1.訪問看護の提供体制
          2.利用者の状態に応じた訪問看護の充実

          を軸として整理していました。

          1の切り口としては、これまで、

          24時間対応体制加算の見直しとBCP策定の義務化による有事対応
          ICTを活用した看取りに係る医師との連携の評価と、退院直後のターミナルケアの評価の見直し(在宅での看取りを支援する体制の整備)
          機能強化型訪問看護ステーションにおける役割の強化

          が検討されてきたことを当サイトでご紹介してきました。

          今回は、2の「利用者の状態に応じた訪問看護の充実」を進めるためのに検討された「複数名訪問看護加算等」と「退院支援指導加算」を巡る現状と中医協での議論について確認しておきます。

          複数名訪問看護加算と難病等複数回訪問加算の見直しが検討事項に

          残り3235文字
          この資料は会員限定コンテンツです。
          会員情報をご登録いただくと、
          介護業界の経営支援に役立つ限定公開記事をお読みいただけます。
          業界ニュースや
          専門家記事が
          無料で読み放題
          加算も取得できる
          研修動画が
          無料で見放題
          業務で使う
          各種帳票が
          無料ダウンロード
          関連記事
          鶴ケ谷理子
          2022.11.30
          訪問看護事業のM&Aー成功のカギはM&A実施後の統合プロセスにあり
          #訪問看護 #事業承継・M&A
          鶴ケ谷理子
          2022.11.15
          訪問看護事業所における人間関係の不和の根本的改善―理論に基づく訪問看護経営(9)
          #訪問看護 #リスク管理
          上妻裕弥
          2022.10.30
          訪問看護師のエンゲージメント向上のポイント【1】~職員と組織の信頼関係の築き方~
          #訪問看護 #リスク管理 #サービス品質向上