機能強化型訪問看護ステーションの要件見直しを検討、中医協

2021.12.06
2021.12.08
会員限定
ホームニュース訪問看護機能強化型訪問看護…

2022年度診療報酬改定でも、機能強化型訪問看護ステーションの要件が見直される見込みです。中央社会保険医療協議会(中医協)の議論では、現在は実施が「望ましい」とされている人材育成等に関する要件を義務化することや、専門性の高い看護師の配置を要件化することについて意見が交わされました。

*関連記事:訪問看護の議論キックオフ、2022年度診療報酬改定に向け機能強化の推進など焦点に訪問看護ステーションによるICT死亡診断支援と退院当日の評価を議論

目次
    機能強化型訪問看護ステーションとは
      機能強化型訪問看護ステーションを巡る施策と届け出状況
        2022年度改定へ機能強化型訪問看護ステーションの役割強化を模索

          機能強化型訪問看護ステーションとは

          機能強化型訪問看護ステーションとは、24時間対応の実施や看取り・高い医療ニーズを持つ患者の受け入れ実績を評価するに対応するための機能を評価する「機能強化型訪問看護療養費(1~3)」を算定している訪問看護ステーションです。算定要件には、1~3までそれぞれに看護職員の人数も定められています(下記の画像参照)。

          厚生労働省は経済的な合理性から、訪問看護ステーションの大規模化を促すための施策としても、機能強化型訪問看護ステーションを推進してきました。

          【画像】第500回中央社会保険医療協議会総会(2021年11月26日開催)資料より

          機能強化型訪問看護ステーションを巡る施策と届け出状況

          2014年度の診療報酬改定で創設されて以降、機能強化型訪問看護ステーションの制度は、報酬改定の度に算定要件の見直しや算定区分の創設などの改正が行われてきました。

          残り1925文字
          この記事は会員限定コンテンツです。
          会員情報をご登録いただくと、
          介護業界の経営支援に役立つ限定公開記事をお読みいただけます。
          メールアドレス
          だけで
          かんたん無料登録
          業界ニュースや
          専門家記事が
          無料で読み放題
          閲覧できる
          記事数は
          【600本】以上
          関連記事
          鶴ケ谷理子
          2022.08.05
          看護師定着と売上獲得を叶えるための考え方―理論に基づく訪問看護経営(2)
          #訪問看護 #サービス品質向上 #リスク管理
          鶴ケ谷理子
          2022.08.01
          訪問看護事業所を立ち上げ既存事業とのシナジーを生み出す―理論に基づく訪問看護経営(1)
          #訪問看護 #リスク管理 #損益改善
          上妻裕弥
          2022.07.28
          訪問看護ステーションで働く職員のモチベーション変化―戦略的な人材定着(1)
          #訪問看護 #リスク管理 #サービス品質向上