LIFEが新システムへ移行―4月11日の現行システム停止前に施設・事業所での対応が必要に

2024.03.22
2024.03.22
会員限定
ホームニュース介護LIFEが新システ…

科学的介護情報システム(LIFE)の利便性向上を目的として、新しいシステム(以下・新LIFE)が稼働します。

これに伴って現行のLIFEが4月11日に停止するため、現在利用している施設や事業所は4月10日までに対応が必要です。また、4月22日からは新システムの利用登録や移行作業が求められます。

2024年度以降のLIFE関連加算を算定する場合もこれまでとは異なる運用になるため、移行に関わる一連のスケジュールを確認しておきましょう。

目次
    LIFEシステム切り替えに関するスケジュール
    新LIFEの概要と施設や事業者で必要な対応
    2024年度介護報酬改定後のLIFE関連加算の算定について

      LIFEシステム切り替えに関するスケジュール

      新LIFEへの切り替えに関するスケジュールは以下の通りです。

      現行LIFEに関するスケジュール

      • 4月10日まで:通常稼働
      • 4月11日~7月末まで:入力済みのデータ参照のみ可能※データ提出は不可
      • 8月1日:サービス終了

      新LIFEシステムに関するスケジュール

      • 4月22日:新LIFEの利用登録、新LIFEへの「利用者情報」、「ADL維持等情報」の登録受付開始
      • 8月1日:新LIFE本格稼働。2024年度改定の内容に対応したデータ入力受付開始 ※改定後の登録様式、4~8月にADL維持等加算以外のLIFE関連加算の算定要件を遡って入力
      • 10月10日:4~8月分の加算算定のためのデータ入力受付期間終了、本格稼働開始
      • 10月頃~:提出データのフィードバック開始予定

      (【画像】2024年3月15日付け事務連絡「令和6年度介護報酬改定を踏まえた科学的介護情報システム(LIFE)の対応について」より(以下・同様))

      現段階でLIFE関連の加算を算定している場合は4月10日までに

      • 様式の「確定」状態での登録
      • フィードバック帳票作成 ※未作成のフィードバック帳票がある事業所
      • 2024年3月末までに掲載されたフィードバック帳票のダウンロード
      • ADL維持等加算の評価対象となる利用者の利得計算※4月にADL維持等加算を算定する場合。新LIFEでも計算できるが初期対応などが必要なため非推奨

      を行う必要があります。

      ※現時点での詳細は24年3月15日付の事務連絡をご確認ください。

      新LIFEの概要と施設や事業者で必要な対応

      先述の事務連絡によると、新システムへの移行によって画面表示や一部機能が改善されます。

      新LIFEを利用するために施設や事業所で必要な対応

      新LIFEを使う施設や事業所は

      • 新システムの利用登録
      • 新システムへの移行作業(初回ログイン、現行のLIFEから出力した個人情報ファイルの取り込みなど)

      などの対応を行う必要があります。

      残り1616文字
      この資料は会員限定コンテンツです。
      会員情報をご登録いただくと、
      介護業界の経営支援に役立つ限定公開記事をお読みいただけます。
      業界ニュースや
      専門家記事が
      無料で読み放題
      加算も取得できる
      研修動画が
      無料で見放題
      業務で使う
      各種帳票が
      無料ダウンロード
      関連記事
      介護経営ドットコム編集部
      2024.04.17
      【2024年度介護報酬改定】訪問介護に関するQ&A(vol1~3)まとめ―特定事業所加算の新要件や同一建物減算の新基準適用について厚労省解釈
      #訪問介護 #報酬改定
      南 マイコ
      2024.04.10
      【2024年度介護報酬改定】訪問リハビリテーションの基本報酬新旧比較と新設加算まとめ―介護予防では基本報酬が引き下げに
      #訪問リハ #報酬改定
      畑山浩俊
      2024.04.08
      特養で発生した離設事故に伴う賠償対応:保険会社との調整とは?
      #リスク管理 #サービス共通