認知症専門ケア加算の2021年度算定ポイント 算定要件や関連Q&Aを整理

2021.05.13
2021.10.01
会員限定
ホームニュース介護認知症専門ケア加算…

令和3年度介護報酬改定では、各介護サービスにおける認知症対応力を向上させていく観点から、「認知症専門ケア加算」の対象サービスの拡大、算定要件の見直しが行われました。認知症専門ケア加算の算定に必要な情報を整理しておきましょう。

目次
    認知症専門ケア加算とは?
      認知症専門ケア加算の対象サービス・単位数
      算定要件・算定に関する留意事項
      関連Q&A(介護保険最新情報Vol.953より)

        認知症専門ケア加算とは?

        「認知症専門ケア加算」とは、認知症介護で一定の経験を持つ者で、国や自治体が行っている認知症介護指導者研修の修了者である専門の者が介護サービスを実施することを評価する加算です。

        これまでは特養や老健などの施設やグループホーム等が対象でしたが、認知症対応力の一層の向上を目的とし、訪問系サービスも対象となりました。

        認知症専門ケア加算の対象サービス・単位数

        対象サービス

        訪問介護(追加)、定期巡回・随時対応型訪問介護看護(追加)、夜間対応型訪問介護(追加)、訪問入浴介護(追加)、短期入所生活介護、短期入所療養介護、特定施設入居者生活介護、地域密着型特定施設入居者生活介護、認知症対応型共同生活介護、介護老人福祉施設、地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護、介護老人保健施設、介護療養型医療施設、介護医療院

        単位数

        認知症専門ケア加算(Ⅰ):3単位/日
        認知症専門ケア加算(Ⅱ):4単位/日

        ※定期巡回・随時対応型訪問介護看護、夜間対応型訪問介護(Ⅱ)については以下の単位数
        認知症専門ケア加算(Ⅰ):90単位/月
        認知症専門ケア加算(Ⅱ):120単位/月

        算定要件・算定に関する留意事項

        「認知症専門ケア加算(Ⅰ)」の算定要件

        ①認知症高齢者の総数のうち、日常生活に支障をきたすおそれのある症状もしくは行動が認められることから介護を必要とする認知症の者(日常生活自立度Ⅲ以上。以下、対象者)の割合が2分の1以上(※1)であること。

        残り4225文字
        この資料は会員限定コンテンツです。
        会員情報をご登録いただくと、
        介護業界の経営支援に役立つ限定公開記事をお読みいただけます。
        業界ニュースや
        専門家記事が
        無料で読み放題
        加算も取得できる
        研修動画が
        無料で見放題
        業務で使う
        各種帳票が
        無料ダウンロード
        関連記事
        介護経営ドットコム編集部
        2022.01.18
        2022年度(令和4年度)改定に向けた中医協の議論の整理・訪問看護まとめ
        #訪問看護 #中医協 #報酬改定
        南 マイコ
        2022.01.15
        通所介護はコロナ禍で収益低下も報酬の特例措置活用は約3割、入浴介助加算の改定に不満の声も
        #通所介護 #報酬改定 #損益改善
        介護経営ドットコム編集部
        2022.01.13
        10月の臨時改定に向け検討開始、厚労省は新たな処遇改善加算の創設を提案
        #介護給付費分科会 #補助金・助成金 #報酬改定