看護師の定着に向けた役割と段取りの明確化―理論に基づく訪問看護経営(8)

2022.10.24
2022.11.09
会員限定
ホームニュース専門家コラム看護師の定着に向け…

前回は、組織の健全性を実現していくために活用できるフレームワークGRPIモデルにおいて最も重要な『目的・目標(Goal)が明確になっている状態』をどの様にして作っていくかについて説明をいたしました。今回は、GRPIモデルのうち、『Roles(役割)』と『Process(段取り)』について詳説して具体的に訪問看護ステーションでどのようにいいチーム作りをしていくか説明していきたいと思います。

目次
    チームメンバーの『Roles(役割)』は明確になっているか?
      チームの『Process(段取り)』が明確になっているか?

      チームメンバーの『Roles(役割)』は明確になっているか?

      前回、GRPIモデルを活用した良いチーム作りに最も大切な要素である『目的・目標(Goal)』を明確にする方法について説明をしてきました。では、二つ目の要素である『Roles(役割)』についてはどうでしょうか。

      以前にも取り上げましたが、訪問看護ステーションの職員からよく上がる不満には、「管理者が意地悪で、私ばかり大変な役回りをさせられている」というものがあります。この様な不満は『Roles(役割)の不明確さ』に起因していると考えられます。それでは、どうしたらRoles(役割)が不明確では無くなり、こういった不満や不和を防ぐ事ができるのでしょうか。

      まず念頭においておく必要があるのは、業務や役割を分担して事業を行うのは目的・目標(Goal)の達成のためであるということです。ですので、訪問看護ステーションにおいては目的・目標(Goal)の達成のために必要な業務・役割が組織で全て網羅されており、かつメンバーのスキル・知識・経験を存分に活かせるような役割分担や訪問スケジュール等が割り振られているということが重要です。しかし、その役割や業務分担は管理者の頭の中だけで行われ、何故そうなっているのか、他の人はどのような役割を担っているのかが共有されていないと上記のような「私ばかりが・・・」といった不満が生じやすくなってしまいます。そこで、経営者や管理者は各職員がどのような役割や業務を担っているか、そして任せたのは何故なのかということを本人が腹落ちするだけではなく全職員に共有され合意形成をする機会を持つ必要があります。

      チームのRoles(役割)が明確になっている状態についてまとめると、下記の様に考えられます。

      このような状態を実現するためには、職員が自らの役割や業務に自信がもてるように経営者や管理者が1on1等の定期的なコミュニケーションの機会を設けて職員個々の不安を取り除き、エンカレッジするような関わりも重要になります。そのためには日々、職員が業務に取り組む様子をよく観察し、適宜声かけや必要であれば対話をしていくことが効果的です。

      また、前提として、採用の段階で個々の職員に対してどの様な役割や業務を担うことを期待しているのかを伝え、応募者のスキル・知識・経験やニーズとマッチしていることをお互いに確認しておくことも重要になります。そうすることで、採用後にお互いのニーズのアンマッチを最小限に防ぐ事ができます。

      残り1935文字
      この資料は会員限定コンテンツです。
      会員情報をご登録いただくと、
      介護業界の経営支援に役立つ限定公開記事をお読みいただけます。
      業界ニュースや
      専門家記事が
      無料で読み放題
      加算も取得できる
      研修動画が
      無料で見放題
      業務で使う
      各種帳票が
      無料ダウンロード
      関連記事
      畑山浩俊
      2022.11.30
      【現代の管理者に必須】メンタルヘルス不調の介護職員への労務対応
      #リスク管理 #居宅系サービス #施設系サービス
      鶴ケ谷理子
      2022.11.30
      訪問看護事業のM&Aー成功のカギはM&A実施後の統合プロセスにあり
      #訪問看護 #事業承継・M&A
      高野龍昭
      2022.11.30
      ケアマネジャーの「孤立」~『介護の質の評価に関する調査』から (1)/東洋大・高野龍昭
      #居宅介護支援 #リスク管理 #サービス品質向上