清拭・部分浴での減算率を緩和へ 訪問入浴介護で初期加算の新設も検討される見通し

2020.11.30
2020.11.30
ホームニュース介護清拭・部分浴での減…

10月22日に開かれた第189回社保審・介護給付費分科会にて、訪問入浴介護サービスにおける清拭・部分浴サービス提供時の減算率の見直しや、初期加算の新設について、前向きな検討がなされました。

目次
    清拭・部分浴実施での減算率を見直しへ
      新規利用者への対応を評価する加算の新設が検討

        清拭・部分浴実施での減算率を見直しへ

        現行の報酬体系では、訪問時の利用者の状態から全身入浴が困難な場合や、利用者の希望により、清拭または部分浴のサービス提供となった場合に、報酬が減算されます。これは、全身入浴と比べてサービス提供時間が短縮されることを考慮したものとされていますが、本分科会資料にて、両者のサービス提供時間には目立った差がないことが示されました。全身入浴で平均60分、清拭または部分浴で平均53分となっています。

        訪問入浴は重度者の利用が多く、当日の状態次第で全身入浴が困難となる場合もありますが、人員を当日に調整することは難しく、3人1組の人件費は発生します。訪問入浴介護事業所の45.5%が赤字である現状も提示されました。

        厚労省は経営の安定化を図る観点から、清拭または部分浴のサービス提供になった場合の減算幅を見直す検討案を提示。委員の多くがこの方針に賛同しています。

        新規利用者への対応を評価する加算の新設が検討

        訪問入浴では、利用者の状態に関する情報収集や室内の浴槽設置環境の確認など、利用開始前に一定の訪問業務が実施されています。しかし現行では、この取り組みを評価する加算がありません。一方、主な訪問系・多機能系サービスでは、上記に類似する初回業務について、初回・初期加算として評価されています。

        これらの現状を踏まえ、訪問入浴介護においても、新規利用者へのサービス提供時の対応を評価する方向で検討案が示されました。賛成意見が多く集まり、清拭・部分浴時の減算幅の見直し案とともに、初回・初期加算の新設についても前向きに議論が進みそうです。

        引用:第189回社保審・介護給付費分科会「訪問介護・訪問入浴介護の報酬・基準について(検討の方向性)」より

        ※本記事は「介護マスト」から移行しており、記事は2020年10月26日掲載のものです。

        関連記事
        介護経営ドットコム編集部
        2021.10.15
        2024年度改正へ医療介護連携のあり方の検討がスタート
        #居宅系サービス #施設系サービス
        菅野雅子
        2021.10.15
        「令和2年度介護労働実態調査」から人材確保策を考える
        #居宅系サービス #施設系サービス
        宮川拓也
        2021.10.13
        働き方改革下における介護事業所が抑える職場を取り巻く労務管理のポイント⑤~経営的視点から賃金・賞与を考える~
        #居宅系サービス #施設系サービス