通所介護はコロナ禍で収益低下も報酬の特例措置活用は約3割、入浴介助加算の改定に不満の声も

2022.01.15
2022.01.15
会員限定
ホームニュース介護通所介護はコロナ禍…

2021年度介護報酬改定による影響を確認すると、感染症等により利用者数が減少した場合の措置として新設された報酬上の対応(基本報酬の規模区分変更の特例、または3%加算)を行った通所介護事業所は約3割程度に留まりました。

また、新設された入浴介助加算(II)の算定率は低く、同加算(I)の減算によるマイナス影響を訴える声が挙がっています。
以前ご紹介した福祉医療機構の調査結果をもとに、通所介護事業における報酬改定の影響を読み解きます。

*関連記事:LIFEの利用状況、サービス種別間で格差―登録率は老健がトップ

目次
    調査と回答者の概要
      2021年度介護報酬改定が通所介護の収益に与えた影響
        入浴介助加算の算定状況と現場の声

        調査と回答者の概要

        本アンケートは、福祉医療機構の貸付先のうち、介護保険法に基づくサービスを実施する 5,701法人を対象にWeb上で実施されました。

        ・アンケート実施期間:2021年7月29日から同8月25日まで
        ・アンケートへの回答総数:1,446法人(社会福祉法人は71.4%、医療法人は15.3%、営利法人は10.3%)
        ・アンケート回答率:25.4%

        このうち、通所介護の回答者における事業所規模別の構成は、2021年度の事業規模で「通常規模型」71.7%、「地域密着型」が23.4%であり、20年度とほぼ同様でした。

        【画像】WAMの2021 年度介護報酬改定に関するアンケート調査詳細(通所介護)より抜粋(以下、同様)

        2021年度介護報酬改定が通所介護の収益に与えた影響

        通所介護は特例措置により、感染症等の影響で利用者数が減少した場合に基本報酬の3%加算または規模区分の変更(大規模型のみ)による対応が認められています。

        しかし、アンケート結果から見えた実際の対応状況では、約6割から7割が「いずれの対応もしていない」と回答。何らかの対応を取った事業所の割合は約3割に留まりました。

        残り2214文字
        この記事は会員限定コンテンツです。
        会員情報をご登録いただくと、
        介護業界の経営支援に役立つ限定公開記事をお読みいただけます。
        メールアドレス
        だけで
        かんたん無料登録
        業界ニュースや
        専門家記事が
        無料で読み放題
        閲覧できる
        記事数は
        【600本】以上
        関連記事
        介護経営ドットコム編集部
        2022.08.09
        利用者負担原則2割の導入による通所介護利用控えの検討者は約3割―日本デイ協調査
        #介護保険部会 #通所介護 #居宅介護支援
        介護経営ドットコム編集部
        2022.08.01
        介護職員等ベースアップ等支援加算算定で選ばれる介護事業所になるための準備を
        #介護給付費分科会 #報酬改定 #リスク管理
        鶴ケ谷理子
        2022.08.01
        訪問看護事業所を立ち上げ既存事業とのシナジーを生み出す―理論に基づく訪問看護経営(1)
        #訪問看護 #リスク管理 #損益改善