介護老人福祉施設(特養)の看取り介護加算 2021年度介護報酬改定の変更ポイント

2021.03.08
2021.10.01
ホームニュース介護介護老人福祉施設(…

2021年度の介護報酬改定では、介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム。以下、特養)の看取り介護加算について、区分の新設や要件の追加があります。2021年3月までの現行の加算と、2021年4月からの改定後の加算を比較して、変更点を確認しておきましょう。

目次
    看取り介護加算(特養)とは?
      2021年報酬改定の変更ポイント
        【改定前】2021年3月までの看取り介護加算(特養)
        【改定後】2021年4月以降の看取り介護加算(特養)

        看取り介護加算(特養)とは?

        特養において、医師が回復の見込がないと判断した利用者に対して、人生の最期の時までその人らしさを維持できるように、利用者や家族の意思を尊重して、医師、看護師、看護職員が連携を保ちながら看取りをする場合に算定する加算です。

        2021年度の介護報酬改定では、中重度者や看取りへの対応の充実を図る観点から、現行の死亡日以前30日前からの算定に加えて、それ以前の期間の対応を評価する区分が新設されます。

        2021年報酬改定の変更ポイント

        ①看取り介護Ⅰ・Ⅱにおいて、死亡日45日前~31日前の対応を評価する区分が新設(72単位/日)

        ②現行の評価区分、単位数は変更なし

        この記事は会員限定コンテンツです。
        続きをご覧になるには、ログインまたは会員登録をお願いいたします。
        関連記事
        介護経営ドットコム編集部
        2021.09.27
        訪問介護の利用適正化へ、10月開始のケアプラン点検ルールの詳細
        #居宅介護支援 #報酬改定
        小濱道博
        2021.09.22
        2021年度介護報酬改定後の実地指導対策
        #実地指導 #報酬改定
        介護経営ドットコム編集部
        2021.08.20
        介護医療院の収益は高水準で2021年度改定機に開設は加速?業界への影響は
        #施設系サービス #報酬改定