民間の介護事業者の財務情報の届出や公表が必要に賃金情報の公開ルール化も

2022.11.18
2022.12.19
会員限定
ホームニュース介護民間の介護事業者の…

2024年度介護保険制度改正を巡る議論で、事業者に求められる具体的な対応が見えてきました。現状では障害福祉サービス事業所や社会福祉法人に義務付けられている財務諸表などの作成・公表・届出が、民間企業にも義務付けられることになりそうです。また、厚生労働省は一人当たりの賃金に関する情報を公表することも提案しており、採用活動にも影響するかもしれません。

目次
    介護業界で進められている経営情報の透明化
      倒産も急増。厳しさ増す介護の経営環境と国策としての経営努力の促進

        介護業界で進められている経営情報の透明化

        11月14日の社会保障審議会・介護保険部会では、制度改正に合わせて介護サービス事業者に財務状況の公表を課すことを厚労省が提案しました。

        加えて、各施設や事業所の従事者の配置状況などを公開している介護サービス情報公表システムで、一人当たりの賃金等も公表する案も示されています。

        こうした経営情報を収集し、公開する狙いは、国が効果的・効率的な社会保障や介護関連の施策を検討する際の材料とすることです。介護保険制度改正や報酬改定のほか、物価上昇や災害、新興感染症等に当たっての経営支援策や介護従事者らの処遇に関する施策の精度を高めようとしています。

        賃借対照表や収支計算書の所轄庁への届け出と公表は、既に社会福祉法人には社会福祉法などに基づいて義務付けられています。 また、障害福祉サービス事業者に対しても、事業所・施設単位で損益計算書や賃借対照表などを公表する規定があります。しかし、現状、介護保険法で規定されているサービス事業者には、財務情報の公開は義務付けられていません。

        (【画像】第101回社会保障審議会介護保険部会参考資料より)

        そこで、介護保険法で定められている介護サービスの提供事業者にも「財務諸表等の経営に係る情報」を定期的に都道府県知事に届け出ることを規定し、国では収集したデータベースを整備する方針案が示されました。

        委員からは明確な反対意見は挙がっていません。

        倒産も急増。厳しさ増す介護の経営環境と国策としての経営努力の促進

        ところで、厚労省は、収集した経営情報の公開について、介護サービス事業者側のメリットにも触れています。

        残り346文字
        この資料は会員限定コンテンツです。
        会員情報をご登録いただくと、
        介護業界の経営支援に役立つ限定公開記事をお読みいただけます。
        業界ニュースや
        専門家記事が
        無料で読み放題
        加算も取得できる
        研修動画が
        無料で見放題
        業務で使う
        各種帳票が
        無料ダウンロード
        関連記事
        介護経営ドットコム編集部
        2024.06.12
        骨太方針2024の原案に2割負担の対象拡大や囲い込み対策など介護「改革」への具体項目
        #サービス共通 #報酬改定 #リスク管理
        畑山浩俊
        2024.06.04
        アセスメント未実施により1000万円の報酬返還?【畑山浩俊弁護士の事例解説】
        #リスク管理 #居宅介護支援 #運営指導(実地指導)
        杉山晃浩
        2024.06.03
        ✖✖をしていないと”自宅での突然死”が過労死として事業者の責任に?判決から学ぶ事業所の労務対策
        #リスク管理 #人材採用/定着 #サービス共通