【2024年度介護報酬改定】ショートステイの利用長期化や医療ニーズの高まりに分科会が着目

2023.07.19
2023.07.19
会員限定
ホームニュース介護【2024年度介護…

2024年度介護報酬改定に向け、各サービスの現状と課題の整理や具体的な論点の洗い出しが始まっています。

短期入所系サービスが議題となった7月10日の社会保障審議会・介護給付費分科会では、コロナ禍の影響や医療ニーズの変化等を踏まえ、基本報酬の見直しや加算の拡充を求める声があがりました。ショートステイについてはほかに、利用の長期化や医療ニーズの高まりへの対応が焦点になりそうです。 また、短期入所療養介護では、21年度改定で創設された「総合医学管理加算」についての意見が集中しました。

目次
    コロナ禍による利用者数減が目立つ短期入所系サービス
      短期入所生活介護:長期利用・医療ニーズが増加、専門職種との連携強化を

        コロナ禍による利用者数減が目立つ短期入所系サービス

        厚労省は同日の分科会で、短期入所生活介護および短期入所療養介護の現状をまとめたデータを提示。どちらのサービスも、新型コロナウイルス感染症の影響が拡大した19年以降、利用者数が3年連続で減少傾向となったことを示しました。

        (【画像】「第219回社会保障審議会介護給付費分科会資料4(上)5(下)」より(※赤枠は編集部で追加)

        また、短期入所生活介護に関しては22年度決算における収支差率が前年度から2.1%低下した事実も示されています。この点に関連して委員からは短期入所生活介護の収支の悪化が、併設施設全体の経営に悪影響を及ぼしている可能性について懸念する声があがりました。

        全国老人福祉施設協議会の古谷忠之委員は、「電気料金の値上げや物価高の影響が非常に大きい」と指摘し、賃金アップのための基本報酬の引き上げや、基準費用額の物価スライド等の検討を要請しました。

        短期入所生活介護:長期利用・医療ニーズが増加、専門職種との連携強化を

        短期入所生活介護を巡って専門家からの注目を集めたのが、利用実態についてです。

        残り3441文字
        この資料は会員限定コンテンツです。
        会員情報をご登録いただくと、
        介護業界の経営支援に役立つ限定公開記事をお読みいただけます。
        業界ニュースや
        専門家記事が
        無料で読み放題
        加算も取得できる
        研修動画が
        無料で見放題
        業務で使う
        各種帳票が
        無料ダウンロード
        関連記事
        介護経営ドットコム編集部
        2024.04.17
        【2024年度介護報酬改定】訪問介護に関するQ&A(vol1~3)まとめ―特定事業所加算の新要件や同一建物減算の新基準適用について厚労省解釈
        #訪問介護 #報酬改定
        南 マイコ
        2024.04.10
        【2024年度介護報酬改定】訪問リハビリテーションの基本報酬新旧比較と新設加算まとめ―介護予防では基本報酬が引き下げに
        #訪問リハ #報酬改定
        南 マイコ
        2024.04.04
        【2024年度介護報酬改定】小規模多機能型居宅介護の基本報酬新旧比較と新設加算まとめ
        #小多機 #報酬改定