2020年度介護サービス受給者数は過去最高も地域密着型では微減

2022.09.01
2022.09.07
会員限定
ホームニュース介護2020年度介護サ…

厚生労働省が8月末に公表した介護保険事業状況報告によると、2020年度のサービス受給者数(1カ月あたり平均値)は過去最高を更新して575万人でした。サービス分類ごとに見ると、地域密着型サービスの利用者数が前年度比で微減となっています。

目次
    2020年度介護保険事業状況報告の概況
      介護保険給付費は10兆円超え1人当たり費用も過去最高
        地域密着型サービスの受給者数だけが前年比微減

          2020年度介護保険事業状況報告の概況

          報告によると、21年3月末時点の第1号被保険者数は3,578万人(前年度比0.7%増)、要介護及び要支援者認定者数は682万人(同2.0%増)、第1号被保険者に占める要介護や要支援の認定者の割合は18.7%(前年度比0.7ポイント増)といずれも過去最高を更新しています。 また、20年度の1カ月あたりのサービス受給者数は前年度と比べ8万人(1.4%)増え、575万人でこちらも過去最高です。

          【画像】令和2年度 介護保険事業状況報告(年報)より

          介護保険給付費は10兆円超え1人当たり費用も過去最高

          サービス受給者数の増加に伴い、保険給付費も増加を続けています。介護保険給付費が10兆円を超えたのは介護保険制度が創設されて以降初めてで、00年度と比べると約3.16倍になりました。第1号被保険者1人あたり給付費は28万6,000円で前年度比で6,000円増えています。

          地域密着型サービスの受給者数だけが前年比微減

          残り851文字
          この記事は会員限定コンテンツです。
          会員情報をご登録いただくと、
          介護業界の経営支援に役立つ限定公開記事をお読みいただけます。
          メールアドレス
          だけで
          かんたん無料登録
          業界ニュースや
          専門家記事が
          無料で読み放題
          閲覧できる
          記事数は
          【600本】以上
          関連記事
          杉山晃浩
          2022.09.22
          10月からの最低賃金の変更に正しく対応していますか?
          #リスク管理 #居宅系サービス #施設系サービス
          畑山浩俊
          2022.09.22
          介護施設で虐待死亡事故!指定取消処分は免れない?聴聞の意義とその対応法を徹底解説
          #リスク管理 #施設系サービス
          介護経営ドットコム編集部
          2022.09.22
          物価高対策で政府6,000億円拠出 支援の推奨メニューに介護も
          #補助金・助成金 #居宅系サービス #施設系サービス