自立支援促進加算の2021年度導入ポイントまとめ 算定要件やLIFEへの提出情報・頻度

2021.04.30
2021.10.01
ホームニュース介護自立支援促進加算の…

2021年度の介護報酬改定にて、自立支援の推進や寝たきり防止等の観点から、医師の関与の下で、リハビリテーションや介護等の取組を推進する「自立支援促進加算」が新設されました。算定要件や関連Q&Aなど、当該加算の算定に必要な情報を確認しておきましょう。

目次
    自立支援促進加算とは?
      自立支援促進加算の対象サービス・単位数
      算定要件・算定に関する留意事項
      関連Q&A(介護保険最新情報Vol.948)
        LIFEへの提出情報・提出頻度
        関連Q&A(介護保険最新情報Vol.952、Vol.965)

          自立支援促進加算とは?

          「自立支援促進加算」とは、介護保険施設において、入所者が尊厳を保持し、能力に応じて自立した日常生活を営むことができるよう、支援計画に基づく必要な取組みの実施を評価する加算です。

          このため、定期的に医師が全ての入所者に対する医学的評価やアセスメントを実施するとともに、医師、看護職員、介護職員、介護支援専門員その他の職種が、医学的評価、アセスメント及び支援実績に基づき、特に自立支援のための対応が必要とされた者について、生活全般において適切な介護を実施するための包括的な支援計画を策定し、個々の入所者や家族の希望に沿った特別な支援(※)を行っている場合に算定できます。

          ※特別な支援
          ・尊厳の保持に資する取組
          ・本人を尊重する個別ケア
          ・寝たきり防止に資する取組
          ・自立した生活を支える取組
          ・廃用性機能障害に対する機能回復・重度化防止のための自立支援の取組など

          自立支援促進加算の対象サービス・単位数

          対象サービス

          介護老人福祉施設、地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護、介護老人保健施設、介護医療院

          単位数

          自立支援促進加算:300単位/月

          算定要件・算定に関する留意事項

          算定要件

          ①医師が入所者ごとに、自立支援のために特に必要な医学的評価を入所時に行うとともに、少なくとも6月に一回、医学的評価の見直しを行い、自立支援に係る支援計画等の策定等に参加していること。

          ②①の医学的評価の結果、特に自立支援のための対応が必要であるとされた者ごとに、医師、看護師、介護職員、介護支援専門員、その他の職種の者が共同して、自立支援に係る支援計画を策定し、支援計画に従ったケアを実施していること。

          この記事は会員限定コンテンツです。
          続きをご覧になるには、ログインまたは会員登録をお願いいたします。
          関連記事
          介護経営ドットコム編集部
          2021.09.27
          訪問介護の利用適正化へ、10月開始のケアプラン点検ルールの詳細
          #居宅介護支援 #報酬改定
          小濱道博
          2021.09.22
          2021年度介護報酬改定後の実地指導対策
          #実地指導 #報酬改定
          介護経営ドットコム編集部
          2021.08.20
          介護医療院の収益は高水準で2021年度改定機に開設は加速?業界への影響は
          #施設系サービス #報酬改定