2022年度介護テクノロジーの推進施策を公表 介護ロボット全国フォーラム

2022.01.31
2022.01.31
会員限定
ホームニュース介護2022年度介護テ…

2022年1月26日、テクノエイド協会による「介護ロボット全国フォーラム2022」が開催され、厚生労働省の介護テクノロジー関連政策に関する報告がなされました。介護現場の今後を取り巻く状況やこれまでの取り組みのほか、今年度以降の施策について示されましたので、整理してお伝えします。

目次
    介護人材確保に向けたこれまでの厚労省施策
      現場における介護テクノロジーの導入状況、見守り機器でも導入実績は3.7%
        介護テクノロジー関連の2022年度推進施策

        介護人材確保に向けたこれまでの厚労省施策

        高齢社会が進行する中、2040年の必要介護職員数は約280万人に上ります。19年度の実績値とは約69万人の開きがあり、この受給ギャップを埋めるため、厚労省は5つの柱に沿った施策を総合的に取り組んできました。

        【画像】介護ロボット全国フォーラム2022・厚労省の講演資料より抜粋(以下・同様)

        このうち、「離職防止・定着促進・生産性向上」に向けた施策のひとつとして「介護ロボット・ICT等テクノロジーの活用推進」が掲げられ、現場における見守り機器等の導入などが推進されてきました。

        2021年度介護報酬改定でも、見守り機器を導入した場合の夜勤職員配置加算の要件緩和や、テクノロジーの活用に伴う一部夜間人員基準の緩和等が実施されています。

        現場における介護テクノロジーの導入状況、見守り機器でも導入実績は3.7%

        フォーラムでは、厚労省の須藤明彦高齢者支援課長が、介護現場のテクノロジーの導入状況に関する調査データを提示しました。

        介護ロボットに関して厚労省は、経済産業省と連携して重点的に開発支援する6分野(「移譲支援」「移動支援」「排泄支援」「見守り・コミュニケーション」「入浴支援」「介護業務支援」)を特定しています。

        残り2280文字
        この資料は会員限定コンテンツです。
        会員情報をご登録いただくと、
        介護業界の経営支援に役立つ限定公開記事をお読みいただけます。
        業界ニュースや
        専門家記事が
        無料で読み放題
        加算も取得できる
        研修動画が
        無料で見放題
        業務で使う
        各種帳票が
        無料ダウンロード
        関連記事
        鶴ケ谷理子
        2022.06.30
        新任訪問看護管理者におすすめの『サーバント・リーダーシップ』―エビデンス・ベースド・ナーシングマネジメントで学ぶ訪問看護ステーション経営のコツ(9)
        #訪問看護 #リスク管理 #サービス品質向上
        介護経営ドットコム編集部
        2022.06.28
        2022年度介護報酬改定後の単位数に影響する経営概況調査、締切迫る
        #報酬改定 #居宅系サービス #施設系サービス
        杉山晃浩
        2022.06.28
        退職金制度の存在が介護事業の経営に与える大きな影響
        #リスク管理 #居宅系サービス #施設系サービス