訪問看護ステーションの経営数~数字を武器にする思考・実践編~

2022.06.07
2022.06.22
会員限定
ホームニュース専門家コラム訪問看護ステーショ…
目次
    1. 7つのブロックパズルで利益をつかむ
    2.最後に:月次の目標数字を把握して戦略的なステーション運営を

      1. 7つのブロックパズルで利益をつかむ

      前回は、正しい経営判断をするために会計数字をわかりやすくとらえるツールとして“7つのブロックパズル”を紹介しました。
      今回は実際の活用方法について取り扱っていきます。

      【1】ブロックパズルでわかる単価向上の影響力

      図1の例で
      Q1.単価が10%UPしたら利益はどうなるでしょうか?

      ぜひ、実際にブロックパズルに数字を書き出しながら計算してみて下さい。
      計算が終わりましたら以下の文章を読み進めて下さい。

      単価が10%UPですから
      単価は100円→110円となります。
      ①の売上高は、単価×数量なので、110×10=1,100円 となります。

      この時に間違えやすいのは、売上高が変わると固定費も変わるのか、というところです。

      しかし、固定費は売上高の変動に左右されないため、固定費と呼ばれます。
      つまり、固定費は800円のままですので
      利益は①売上高-②変動費-④固定費で、⑦利益=1,100-0-800=300となります。

      単価が10%UPすることにより利益は200円→300円となりました。

      ブロックパズルで表すと図2のようになります。

      ここで注目して頂きたいのが、単価は10%しかUPしていないのに利益は50%UPした、という事です。

      わずかな単価UPで利益が大きくUPするということは、裏を返せば少しの単価DOWNでもイメージ以上に利益がDOWNしてしまう、という事です。

      事業所の利益UPのために訪問単価の推移をしっかりと確認していきましょう。

      【2】損益分岐点から訪問回数の目標を割り出す

      残り2181文字
      この資料は会員限定コンテンツです。
      会員情報をご登録いただくと、
      介護業界の経営支援に役立つ限定公開記事をお読みいただけます。
      業界ニュースや
      専門家記事が
      無料で読み放題
      加算も取得できる
      研修動画が
      無料で見放題
      業務で使う
      各種帳票が
      無料ダウンロード
      関連記事
      鶴ケ谷理子
      2022.06.30
      新任訪問看護管理者におすすめの『サーバント・リーダーシップ』―エビデンス・ベースド・ナーシングマネジメントで学ぶ訪問看護ステーション経営のコツ(9)
      #訪問看護 #リスク管理 #サービス品質向上
      鶴ケ谷理子
      2022.06.22
      「1on1」で訪問看護師の育成を支援する―エビデンス・ベースド・ナーシングマネジメントで学ぶ訪問看護ステーション経営のコツ(8)
      #訪問看護 #リスク管理 #サービス品質向上
      介護経営ドットコム編集部
      2022.05.31
      【介護事業】賞与の前に支払資金残高・資金計画をチェックしましょう!
      #損益改善 #訪問介護 #居宅介護支援