「令和2年度介護労働実態調査」から離職率の傾向と対策を考える

2021.08.24
2021.08.26
ホームニュース専門家コラム「令和2年度介護労…

介護業界の人材マネジメントに関する研究をしている菅野雅子と申します。本コラムでは、介護労働実態調査のデータ等を参照しながら、介護人材の確保・定着・育成等のテーマについて検討していきたいと思います。

目次
    離職率は改善傾向で平均は14.9%。産業全体平均よりも低い結果に
      離職率の数値と現場の実感の間には乖離も
        事業開始3年未満で高い離職率、新規開設事業所の重点支援が重要
          「辞めるべくして辞めていく人」を採用の入り口で減らすアプローチ
            辞めてほしくない人が早期に辞めてしまう問題と改善へのアプローチ

            離職率は改善傾向で平均は14.9%。産業全体平均よりも低い結果に

            2021年8月23日に介護労働安定センターから「令和2年度介護労働実態調査」の結果が公表されました(有効回答数9,244事業所・回収率52.7%)。

            介護労働安定センターウェブサイト(トップページ)

            この調査で毎年話題に上るのが「離職率」です。令和2年度調査では、2職種計(訪問介護員、介護職員)の離職率は14.9%でした。離職率は低下傾向にあり、今回は平成14年度の調査開始以来、最も低い離職率となりました。

            他産業に目を向けてみますと、厚生労働省「令和元年雇用動向調査」によれば、全産業平均の離職率は15.6%(前年度14.6%)と少し上がっています。

            また非正規労働の割合が多い生活関連サービス業・娯楽業は20.5%(前年度23.9%)、宿泊業・飲食サービス業は33.6%(前年度26.9%)と高い数値となっており、介護サービスの離職率の低さがよくわかります【図1】。

            介護業界全体として、労働環境の整備が進み人材が定着していることが推察されます。とはいえ、全体の平均値だけ見て「上がった・下がった」と言ってもあまり意味がありません。次に、もう少し細分化してデータを見ていきたいと思います。

            離職率の数値と現場の実感の間には乖離も

            先に示した2職種計の離職率を、主な事業所属性と職種・雇用形態別に見ていきましょう【表1】

            この記事は会員限定コンテンツです。
            続きをご覧になるには、ログインまたは会員登録をお願いいたします。
            関連記事
            宮川拓也
            2021.09.16
            働き方改革において、介護事業者が抑えるべき労務管理のポイント④~令和3年度助成金を活用した働きやすい職場づくり~
            #補助金・助成金 #居宅系サービス #施設系サービス
            介護経営ドットコム編集部
            2021.09.13
            訪問系・ケアマネ事業所でのLIFE活用に向けモデル事業を実施へ
            #介護給付費分科会 #居宅介護支援 #居宅系サービス
            介護経営ドットコム編集部
            2021.09.03
            要介護認定者・サービス利用者数19年度過去最高更新、訪問看護受給者は全国で増加
            #居宅系サービス #施設系サービス