介護従事者の間で「健康面の不安」増加―従業員の本音と人材確保・定着の方策

2022.09.14
2022.09.20
会員限定
ホームニュース介護介護従事者の間で「…

介護業界で働く人の間で、「健康面の不安」を感じている人が顕著に増加している―。 介護労働安定センターが8月末に公表した2021年度介護労働実態調査により、こうした結果が明らかになりました。

また、同時期に公表された別の調査からは、不満により離職を考えたことがある人の割合は約6割にのぼるということも分かっています。

介護業界で働く従業員の就業意識についての動向と、介護事業者の採用における工夫や早期離職防止のための方策を整理しました。

目次
    調査結果から分かる介護業界で働く従業員の不安と不満
    調査結果から分かる介護人材確保・定着のための工夫

    調査結果から分かる介護業界で働く従業員の不安と不満

    新型コロナの影響か「健康面の不安」が顕著に増加

    介護労働安定センターは毎年、「介護労働実態調査」で介護業界で働く人の就業実態や意識調査を実施しています。

    2021年度の結果によると、労働条件や仕事の悩みについては、「人手が足りない」が最多で52.3%。次いで「仕事のわりに賃金が低い」が38.3%となっています。

    残り3765文字
    この資料は会員限定コンテンツです。
    会員情報をご登録いただくと、
    介護業界の経営支援に役立つ限定公開記事をお読みいただけます。
    業界ニュースや
    専門家記事が
    無料で読み放題
    加算も取得できる
    研修動画が
    無料で見放題
    業務で使う
    各種帳票が
    無料ダウンロード
    関連記事
    杉山晃浩
    2022.09.22
    10月からの最低賃金の変更に正しく対応していますか?
    #リスク管理 #居宅系サービス #施設系サービス
    畑山浩俊
    2022.09.22
    介護施設で虐待死亡事故!指定取消処分は免れない?聴聞の意義とその対応法を徹底解説
    #リスク管理 #施設系サービス
    介護経営ドットコム編集部
    2022.09.22
    物価高対策で政府6,000億円拠出 支援の推奨メニューに介護も
    #補助金・助成金 #居宅系サービス #施設系サービス