LIFEフィードバックを活用するための介護施設・事業所の組織作りと今後の展望

2021.12.17
2022.01.20
会員限定
目次
    1.トラブル多発のLIFEの船出、フィードバックデータの有効活用が今後の課題
      2.LIFE活用のレベル格差が事業所間格差に―多職種連携でLIFE委員会の編成を
        3.LIFEフィードバックデータの中身と活用のポイント
          4.依然として暫定版で運用されるLIFEに募る不信感
            5.訪問サービスと居宅介護支援のLIFEモデル事業と今後の活用
              6.LIFE活用の基本は科学的介護推進体制加算
                7.LIFEというエビデンスが確立することによる介護事業への影響

                  1.トラブル多発のLIFEの船出、フィードバックデータの有効活用が今後の課題

                  4月から運用が開始された科学的介護情報システム(LIFE)は、初日からシステム障害で運用がストップした。その原因は、想定以上のアクセスが集中したためとされている。システムがパンクするほど、多くの介護施設、事業所がLIFEに取り組んでいることを意味する。

                  今後の焦点は、フィードバックである。LIFEから提供されるフィードバックデータをいかに有効に活用するかが重要な課題となっている。

                  2.LIFE活用のレベル格差が事業所間格差に―多職種連携でLIFE委員会の編成を

                  LIFEのフィードバックの活用次第で、介護施設、事業所間のケアの質の格差が拡大していく。

                  しかし、フィードバックの分析と活用は容易ではない。特に小規模な事業者には専門職が少ないこともあって困難を極めるだろう。

                  フィードバックの基本的な構成としては、ADL値などの項目毎に、提出データの時系列での変化をグラフで示される予定だ 。そこにLIFEの全国平均値が比較対象として提示される。

                  介護事業所では、この漠然としたデータを職員で共有して、その活用を検討することになる。各部署の専門職が、それぞれの立ち位置でフィードバックされた情報を用いて、その変動要因の分析と今後の対応策を検討するという流れだ。一連の流れを上手く機能させるためには、多職種が連携して、利用者の更なる状態の改善に取り組むための「LIFE委員会」の編成と定期的な委員会の開催が必要となる。

                  このLIFE委員会のレベル格差が、将来的に事業者間格差となっていく。しかし、委員会には相当の時間が取られる。現在の業務を見直して、効率化を実現した上でLIFE委員会を編成することになる。その効率化のためには、ICT化の促進や見守りセンサーの導入なども検討すべき時期に来ている。

                  3.LIFEフィードバックデータの中身と活用のポイント

                  LIFEのフィードバックは、ADL値点数の改善推移などでは、時系列の利用者データを棒グラフで表し、LIFEでの全国平均値が折れ線グラフで表されることになっている。

                  残り2619文字
                  この資料は会員限定コンテンツです。
                  会員情報をご登録いただくと、
                  介護業界の経営支援に役立つ限定公開記事をお読みいただけます。
                  業界ニュースや
                  専門家記事が
                  無料で読み放題
                  加算も取得できる
                  研修動画が
                  無料で見放題
                  業務で使う
                  各種帳票が
                  無料ダウンロード
                  関連記事
                  畑山浩俊
                  2022.01.18
                  行方不明事故にどう備える?介護事業者が実践すべき対策~事後対策編~
                  #リスク管理 #施設系サービス #居宅系サービス
                  南 マイコ
                  2022.01.15
                  通所介護はコロナ禍で収益低下も報酬の特例措置活用は約3割、入浴介助加算の改定に不満の声も
                  #通所介護 #報酬改定 #損益改善
                  鈴木典子
                  2022.01.14
                  「自分の人生を生きるためのACP」~II.訪問看護従事者・介護福祉関係者ができるACP支援~
                  #訪問看護 #サービス品質向上 #居宅系サービス