【2024年度介護報酬改定】過去最多の虐待防止に職員のケアが必要―介護現場のリスクマネジメント巡る検討状況

2023.11.08
2023.11.14
会員限定
ホームニュース介護【2024年度介護…

社会保障審議会・介護給付費分科会では2024年度介護報酬改定に向け、全てのサービス事業者の対応が必要な”横断的なテーマ”の検討も進められてきました。

そのうちの一つが「高齢者虐待の防止/介護現場における安全性の確保、リスクマネジメント」です。虐待防止については、複数の立場から職員のサポートが必要であるとの指摘がされています。また、介護施設等には介護事故の発生時に市町村への報告が義務付けられていますが、報告された情報が自治体によって必ずしも活用されていないことが問題視されています。

目次
    虐待防止への取り組みの重要性は”基本的な視点”にも明記
      高齢者への虐待判断件数が前年度比+24.4%で過去最多
        虐待発生の時間帯に基づく人員配置緩和の検討や職員のケアを―委員の意見
          介護事故防止の実態収集も「活用していない自治体」は約3割

            虐待防止への取り組みの重要性は”基本的な視点”にも明記

            ”高齢者虐待防止等の取組の推進”は、10月にまとめられた「令和6年度介護報酬改定に向けた基本的な視点」にも重要事項として明記されています。

            リスクマネジメントの在り方とともに検討が行われた、第224回の介護給付費分科会の検討状況を振り返ります。

            高齢者への虐待判断件数が前年度比+24.4%で過去最多

            まず、前段の「高齢者虐待の防止」について、厚労省が示していた論点は以下の通りでした。

            高齢者虐待をめぐる状況を踏まえ、高齢者虐待防止対策を促進する方策として、どのようなことが考えられるか。

            介護サービス事業者への対応としては、2021年度介護報酬改定で運営基準が改正され、すべての介護サービス事業者を対象に、高齢者虐待防止措置が義務付けられました。

            具体的には、虐待発生時の対応や発生防止のための委員会の設置、指針の整備、研修の実施、担当者を定めることについて経過措置付きで義務付けられています。完全な義務化は2024年4月に迫っています。

            しかし、2021年度時点での体制整備の状況はサービス種別によって異なっています。

            残り5363文字
            この資料は会員限定コンテンツです。
            会員情報をご登録いただくと、
            介護業界の経営支援に役立つ限定公開記事をお読みいただけます。
            業界ニュースや
            専門家記事が
            無料で読み放題
            加算も取得できる
            研修動画が
            無料で見放題
            業務で使う
            各種帳票が
            無料ダウンロード
            関連記事
            南 マイコ
            2024.02.22
            【2024年度介護報酬改定】認知症対応型共同生活介護(認知症グループホーム)は基本報酬は1単位プラス―新旧比較と7種の新設加算まとめ
            #グループホーム #報酬改定
            介護経営ドットコム編集部
            2024.02.22
            【2024年度診療報酬改定】改定内容・点数が確定―介護・障害とのトリプル改定で連携推進策がポイントに
            #報酬改定 #サービス共通
            南 マイコ
            2024.02.20
            【2024年度介護報酬改定】居宅療養管理指導は全ての区分で基本報酬プラス1単位|新設加算は薬剤師の訪問のみ
            #報酬改定 #居宅療養管理指導