【送迎ありの介護事業所必見】4月から従業員のアルコール検査義務化が始まります

2022.03.30
2022.04.11
会員限定
ホームニュース専門家コラム【送迎ありの介護事…

送迎車両をはじめ、多くの介護事業所の業務遂行には欠かせない自動車。2022年4月1日から改正道路交通法施行規則が順次施行され、安全運転管理者の選任が必要な事業所では、社有車を運転するスタッフにアルコール検査が義務付けられます。

【道路交通法施行規則の一部を改正する内閣府令等の施行に伴う安全運転管理者の業務の拡充について(通達)】

目次
    1.アルコール検査が義務付けられる事業所とは?
      2.安全運転管理者の届出方法
        3.安全運転管理者についての要件と業務内容
          4.アルコール検査のやり方
            5.併せて確認しておきたい事項

            1.アルコール検査が義務付けられる事業所とは?

            自社の事業所で対応が必要かどうかは、安全運転管理者の選任が必要か否かで決定します。

            そこで、先ず事業所が安全運転管理者の選任基準に該当するか否かをチェックしましょう。

            事業所で使用している自動車の台数が次のAまたはBのいずれかに該当していれば、アルコール検査が義務付けられる事業所となります。

            《安全運転管理者の選任基準》
            A 乗車定数が11人以上の自動車を1台以上使用している
            B その他の自動車を5台以上使用している
            残り3511文字
            この資料は会員限定コンテンツです。
            会員情報をご登録いただくと、
            介護業界の経営支援に役立つ限定公開記事をお読みいただけます。
            業界ニュースや
            専門家記事が
            無料で読み放題
            加算も取得できる
            研修動画が
            無料で見放題
            業務で使う
            各種帳票が
            無料ダウンロード
            関連記事
            介護経営ドットコム編集部
            2022.12.06
            24年度制度改正に向け介護保険部会の提言素案を提示、厚生労働省
            #介護保険部会 #居宅系サービス #施設系サービス
            介護経営ドットコム編集部
            2022.12.05
            2024年介護保険制度改正に向けて残る焦点は高所得利用者層の負担拡大に
            #介護保険部会 #居宅系サービス #施設系サービス
            畑山浩俊
            2022.11.30
            【現代の管理者に必須】メンタルヘルス不調の介護職員への労務対応
            #リスク管理 #居宅系サービス #施設系サービス