利用者の骨折で虐待が疑われ通報?原因不明事故への対応の重要性

2023.10.25
2023.10.25
会員限定
ホームニュース専門家コラム利用者の骨折で虐待…

介護施設では、日常的なケアを提供する中で利用者にいつのまにかあざや内出血などができていることに気が付くというのは、よくある出来事かもしれません。

しかし、利用者側の立場に立つと、例えば自身の親を預けていた施設の職員からその怪我についてあいまいな説明を受けたらどう思うでしょうか。「施設で虐待を受けているのではないか」という不信感にもつながりかねません。

今回は、原因不明の負傷事故が起きた際の適切な対応について取り上げます。

目次
    1.原因不明の骨折事故と虐待通報
      2.原因不明の負傷発生時の対応法:重要なのは「納得感の提供」

      1.原因不明の骨折事故と虐待通報

      <相談内容>
      私は特別養護老人ホームの施設長です。

      先日、利用者の右の脇腹部分に内出血があることの報告がありました。

      現場の職員からの報告によると、その内出血があることは数日前からわかっていたようですが、最初は深く気に留めず、放置していたようです。

      数日経つ内に内出血の範囲が広がっており、一目見ても酷い状態になっているように見えてきたから報告をしたとのことです。

      急いで病院に行ったところ、「これは肋骨が折れていますね」と医師に診断され、骨折事故として処理することになりました。

      利用者の家族に報告したところ、「何故骨折したのですか?どこかにぶつけたのでしょうか?」と質問されました。事前にこの利用者の介助に当たった職員に簡単なヒアリングを実施すると、「多分オムツ交換の際の体位変換の際に強く体をひねったことが原因だと思う」と言っていたことからそのまま家族に伝えました。

      すると、家族は「そんな中途半端なヒアリングだけで事を済ませようとしているのか。これは虐待ではないのか。」と激怒し、市に虐待通報し、さらに警察にも相談に行くという騒ぎに発展してしまいました。

      どうすれば家族に納得して頂けるのでしょうか。

      上記の相談内容のように施設内で原因不明の負傷事故があった場合、事後対応の在り方次第でご家族との信頼関係が壊れてしまう場面があります。

      我々弁護士法人かなめでは、実際に原因不明の負傷に伴う事故後の対応について、介護施設から数多くの法律相談をいただき、対応してきました。

      事後対応が不適切な場合、ご家族との信頼関係は壊れ、上記の事例の通り、虐待通報に繋がってしまうケースになりかねません。また、関係性の悪化から、損害賠償請求をめぐって訴訟にまで発展することもあります。

      残り2546文字
      この資料は会員限定コンテンツです。
      会員情報をご登録いただくと、
      介護業界の経営支援に役立つ限定公開記事をお読みいただけます。
      業界ニュースや
      専門家記事が
      無料で読み放題
      加算も取得できる
      研修動画が
      無料で見放題
      業務で使う
      各種帳票が
      無料ダウンロード
      関連記事
      介護経営ドットコム編集部
      2024.06.24
      骨太方針2024が閣議決定―介護事業に関わるキーワードをまとめてチェック
      #サービス共通 #報酬改定 #リスク管理
      介護経営ドットコム編集部
      2024.06.12
      骨太方針2024の原案に2割負担の対象拡大や囲い込み対策など介護「改革」への具体項目
      #サービス共通 #報酬改定 #リスク管理
      畑山浩俊
      2024.06.04
      アセスメント未実施により1000万円の報酬返還?【畑山浩俊弁護士の事例解説】
      #リスク管理 #居宅介護支援 #運営指導(実地指導)