介護サービスの整備方針策定に向けた検討、介護保険部会で始動

2022.05.20
2022.05.20
会員限定
ホームニュース介護介護サービスの整備…

次期介護保険制度の改正に向けた施策の検討が進み始めました。社会保障審議会・介護保険部会では5月16日、「地域包括ケアシステムの更なる深化・推進」をテーマに意見が交わされました。今回の改正では、2040年を焦点に施策が組まれていくことになります。この先、介護ニーズがピークを過ぎ減少に転じる地域も存在する一方で、都市部では増加が続くという地域差を踏まえ、介護サービスの基盤整備に関する方針が検討されます。

目次
    次期介護保険制度改正に向けた視点ー「地域包括ケアの推進・深化」を目指す施策5項目
      介護サービスの基盤整備を巡る都市部と地方の課題・要望
      どのようなサービスを重点的に整備していくのか

        次期介護保険制度改正に向けた視点ー「地域包括ケアの推進・深化」を目指す施策5項目

        現在、介護保険制度の施策は40年に向けて起こる「生産年齢人口の急減」と、「85歳以上人口の急速な増加」への対応が主眼に置かれ、検討が進められています。次期制度改正(23年の介護保険法等の改正、24~26年を対象期間とした第9期介護保険事業(支援)計画の策定)でこうした問題に対応するために、厚生労働省が今回、介護保険部会の委員に 議論を促したテーマが「地域包括ケアシステムの更なる深化・推進」です。

        各地域においてどのようなサービスに重点を置いて予算や必要定員数などの整備目標を設定するのか、また、サービス間の役割分担や連携の在り方をどのように定義し、仕組みとして機能させていくのかといった方針や施策について、部会として論点を整理していきます。

        21年度の介護報酬改定の内容を振り返ってみると、「地域包括ケアシステムの推進」を掲げて採用された施策は以下のものでした。

        【画像】令和3年度介護報酬改定の主な事項について(厚生労働省)を参考に編集部で制作

        これらをさらに、「深化・推進」するための具体的な項目として厚労省は、

        ・在宅・施設を通じた介護サービスの基盤整備、住まいと生活の一体的な支援
        ・医療と介護の連携強化、自立支援・重度化防止の取組の推進
        ・認知症施策、家族を含めた相談支援体制
        ・地域における介護予防や社会参加活動の充実
        ・保険者機能の強化
        を示しました。

        部会では、委員の立場などに応じて幅広い意見が示されましたが、本稿では一つ目の項目の「介護サービスの基盤整備」について現在の検討状況を確認していきます。

        【画像】2040年時点の需要を見据え各地域で介護サービスの基盤整備が整備される(第93回介護保険部会資料より)

        介護サービスの基盤整備を巡る都市部と地方の課題・要望

        サービス基盤の整備を考える上で着目されるのが、”地域差”です。また、社会保障制度の持続可能性・資源や財源の有効活用という観点からは、サービス種別間の”役割分担”についても改めて実態を精査し、検討されることになります。

        残り2484文字
        この記事は会員限定コンテンツです。
        会員情報をご登録いただくと、
        介護業界の経営支援に役立つ限定公開記事をお読みいただけます。
        メールアドレス
        だけで
        かんたん無料登録
        業界ニュースや
        専門家記事が
        無料で読み放題
        閲覧できる
        記事数は
        【600本】以上
        関連記事
        介護経営ドットコム編集部
        2022.06.28
        2022年度介護報酬改定後の単位数に影響する経営概況調査、締切迫る
        #報酬改定 #居宅系サービス #施設系サービス
        杉山晃浩
        2022.06.28
        退職金制度の存在が介護事業の経営に与える大きな影響
        #リスク管理 #居宅系サービス #施設系サービス
        菅野雅子
        2022.06.23
        リーダー・管理者の悩みから考える介護人材マネジメント(2)―「上から目線の介護」
        #リスク管理 #居宅系サービス #施設系サービス