働き方改革において、介護事業者が抑えるべき労務管理のポイント④~令和3年度助成金を活用した働きやすい職場づくり~

2021.09.16
2021.10.13
ホームニュース専門家コラム働き方改革において…

これまで、介護事業所における働き方改革を戦略的に実践するポイントについてお伝えしてきました。第4回目は、働きやすい職場づくりと助成金の活用について取り上げます。

目次
    働きやすい職場づくりのために事業所が押さえておきたい助成金
    働き方改革を実現するための助成金活用と重要な視点

      働きやすい職場づくりのために事業所が押さえておきたい助成金

      私は、日ごろから「おすすめの助成金はありますか?」とお客様である企業に問われる事があります。特に年度始めの4月から7月あたりはこうした質問が多くなります。

      この「おすすめ」について、「金額が高い」「申請しやすい」「自社でも申請出来る(その後の経営に影響が及ばない)」といった側面から検討し、それぞれの状況に応じた情報提供をさせて頂いています。

      それゆえ、本記事では、絶対的におすすめの助成金という形で言及するのは避けた上で、介護事業者が押さえておきたい助成金の情報をお伝え致します。

      ●特定求職者雇用開発助成金

      高年齢者や障害者等の就職困難者をハローワーク等(※)の紹介により、継続して雇用する労働者(雇用保険の一般被保険者)として雇い入れる事業主に対して助成されます。

      この記事は会員限定コンテンツです。
      続きをご覧になるには、ログインまたは会員登録をお願いいたします。
      関連記事
      介護経営ドットコム編集部
      2021.10.15
      2024年度改正へ医療介護連携のあり方の検討がスタート
      #居宅系サービス #施設系サービス
      菅野雅子
      2021.10.15
      「令和2年度介護労働実態調査」から人材確保策を考える
      #居宅系サービス #施設系サービス
      宮川拓也
      2021.10.13
      働き方改革下における介護事業所が抑える職場を取り巻く労務管理のポイント⑤~経営的視点から賃金・賞与を考える~
      #居宅系サービス #施設系サービス