新たなケアプラン検証、対象は支給限度額7割以上・訪問介護6割以上の事業所に

2021.07.30
2021.07.30
ホームニュース介護新たなケアプラン検…

10月から始まる新たなケアプランの検証の仕組みについて、28日に具体的な運用の枠組みが示されました。自治体などによるケアプランの点検・検証の対象となる居宅介護支援事業所の基準は、「区分支給限度額の7割以上」かつ「利用サービスのうち、訪問介護の割合が6割以上」であることを厚生労働省が説明しています。

目次
    2021年度改定で事業所ごとのケアプランの抽出、検証・点検が決まった経緯
      ケアプラン抽出開始は10月から、対象は居宅介護支援事業所の約3%

        2021年度改定で事業所ごとのケアプランの抽出、検証・点検が決まった経緯

        2021年度介護報酬改定では、「区分支給限度基準額の利用割合が高く、かつ、訪問介護が利用サービスの大部分を占める居宅サービス計画を作成する居宅介護支援事業所を事業所単位で抽出するなどの点検・検証の仕組みを導入する」仕組みが導入されることが決定していました。

        2021年度介護報酬改定における改定事項について厚労省の説明資料より(編集部で一部加工)

        この記事は会員限定コンテンツです。
        続きをご覧になるには、ログインまたは会員登録をお願いいたします。
        関連記事
        介護経営ドットコム編集部
        2021.09.14
        介護文書の負担軽減、21年度改定の検証にとどまらず将来像の議論を
        #介護給付費分科会 #訪問介護 #業務効率化
        介護経営ドットコム編集部
        2021.09.13
        訪問系・ケアマネ事業所でのLIFE活用に向けモデル事業を実施へ
        #介護給付費分科会 #居宅介護支援 #居宅系サービス
        介護経営ドットコム編集部
        2021.07.30
        介護職員処遇状況等調査案が社保審・介護給付費分科会で大筋了承、10月にケアマネ事業所含め実施
        #介護給付費分科会 #居宅系サービス #施設系サービス