アセスメントやサービス計画記録での介護ソフト利用は5~6割―介護ソフト利用実態

2023.01.20
2023.01.20
会員限定
ホームニュース介護アセスメントやサー…

現在、社会保障制度全般でDX(デジタルトランスフォーメーション)が推し進められています。介護分野でも、2025年を目標に全国共通のプラットフォームを使って介護情報のやり取りができる仕組みが実現しようとしています。前提となるのが介護事業所のICTインフラ整備です。そこで、このほど、介護等業務等支援ソフトウェア(以降、介護ソフト)の利用状況などに着目した厚生労働省の老健事業による調査結果が公表されました。

それによると、最も需要の高い請求業務だけでなく、アセスメントやサービスの計画、提供に関する記録に活用している事業所は5〜6割であるようです。

目次
    調査の概要
      10人未満の事業所でも過半数が請求・勤怠以外の機能を利用
      介護ソフトの乗り換えについての検討状況
      介護ソフト活用による業務改善は進むものの法人の枠を越えた連携には課題

        調査の概要

        この調査(「自身の介護情報を個人・介護事業所等で 閲覧できる仕組みについての調査研究(令和3年度厚生労働省老健事業。三菱総合研究所が実施)」)は、介護現場におけるデータ活用の状況や介護ソフトの導入・利用実態を把握し、情報化を推進するためにアンケート形式で行われたものです。

        データは2022年3月時点のもので、サービス種別等の内訳は以下の通りです。

        (【画像】自身の介護情報を個人・介護事業所等で閲覧できる仕組みについての調査研究事業「報告書」:三菱総合研究所より(以下同様)

        10人未満の事業所でも過半数が請求・勤怠以外の機能を利用

        この調査結果によると、約9割の事業所が何らかの形で介護ソフトを導入済みであり、請求や職員の勤怠管理以外にも利用している事業所も6割程度あることが分かりました。

        以下の通り、利用者数の多い事業所ほど何らかの業務を支援するソフトを導入している割合が高まる傾向があります。また、10人未満の拠点でも、過半数が請求や勤怠管理以外の用途で利用していました。

        介護ソフトのシェア率は上位3種で6割

        利用されている介護ソフトの種類は、以下の2グループに分けて分析されています。

        • 用途は問わず何らかの形で介護ソフトを利用している事業所(下記図・上)
        • 請求や職員の勤怠管理以外にも利用している事業所(下記図・下)

        ただし、いずれも上位シェアを占める介護ソフトの顔ぶれは変わらず、上位3種で全体シェアの約6割を占めています。

        ▼介護ソフトを利用している事業所(上位項目)

        ▼「請求や職員の勤怠管理以外にも利用している」と回答した事業所のみ(上位項目)

        アセスメントやサービス計画の記録は5~6割

        介護ソフトの具体的な用途も分析されています。それによると、請求に関する資料等の作成が最も多く、8〜9割程度となっています。アセスメントやサービスの計画、提供に関する記録については5〜6割程度でした。

        調査報告書ではこの点について、「介護業務等支援ソフトウェアはカスタマイズ性が高いソフトウェアが多く、すべてのデータ項目を移行することは難しいが、必要な項目についてはデータ定義が統一された上で、データ移行が容易にできるようになることが望ましい」と結論付けています。

        残り4895文字
        この資料は会員限定コンテンツです。
        会員情報をご登録いただくと、
        介護業界の経営支援に役立つ限定公開記事をお読みいただけます。
        業界ニュースや
        専門家記事が
        無料で読み放題
        加算も取得できる
        研修動画が
        無料で見放題
        業務で使う
        各種帳票が
        無料ダウンロード
        関連記事
        介護経営ドットコム編集部
        2024.05.29
        【イベント紹介】「仕事と介護応援フォーラム」北九州で開催―”介護とAI”テーマのハッカソンも
        #居宅系サービス #サービス品質向上
        介護経営ドットコム編集部
        2024.05.15
        「ケアマネの課題」について業界ヒアリングを実施―第2回「ケアマネジメントに係る諸課題に関する検討会」
        #居宅介護支援 #人材採用/定着 #サービス品質向上
        介護経営ドットコム編集部
        2024.04.18
        介護支援専門員(ケアマネジャー)の業務範囲明確化や法定研修の在り方について集中議論―専門の検討会がスタート
        #居宅介護支援 #人材採用/定着 #サービス品質向上