ケアマネジメントを巡る検討状況のまとめ―22年度上半期介護保険部会振り返り(2)

2022.10.11
2022.11.09
会員限定
ホームニュース介護ケアマネジメントを…

2024年度介護保険制度改正や介護報酬改定でも、居宅介護支援専門員(ケアマネジャー)の役割の拡張がますます促されていきそうです。社会保障審議会・介護保険部会では、厚生労働省が「ケアマネジメントの質の向上」を巡ってケアマネジャーの更なる役割の拡大と業務負担の軽減策について検討を求めています。一方で、専門職団体や労働組合などは、ケアマネジャーの業務範囲や責任の拡大に見合った処遇改善を並行して検討するよう働き掛けています。

ケアマネジャー・ケアマネジメントを巡る制度改正の検討状況について、直近の動向を確認しましょう。

目次
    ”ケアマネジメントの質の向上”を巡る論点・キーワード
    ケアマネジメントへの自己負担導入の議論は決着の道筋見えず

      ”ケアマネジメントの質の向上”を巡る論点・キーワード

      これまでに進んでいる取り組み

      「ケアマネジメントの質の向上」(及び公正中立性の確保)は、21年度介護報酬改定でも掲げられたテーマで、この方針に沿って特定事業所加算の要件見直しや、医療と介護の連携を評価する加算(通院時情報連携加算)の新設などが実施されました。

      さらに、現代のケアマネジャーには、ヤングケアラーや仕事と介護の両立支援といった新たな社会課題への対応力や科学的な根拠に基づく支援の組み立てなども期待されています。こうした役割を担ってもらうための施策として、現在、ケアマネジャーの法定研修カリキュラムの見直しに向けた検討が進められています。なお、研修カリキュラムの改正は23年10月以降に実施される予定で、これまでにカリキュラムやガイドラインの見直し案がまとめられています。 (※編集注/22年10月14日追記:研修内容などを示す改正告示が24年4月に適用される予定です)

      (【画像】第96回社会保障審議会介護保険部会(22年8月25日開催)参考資料より

      )

      ※関連情報:Vol.1073介護支援専門員の法定研修のカリキュラムやガイドライン等について(情報提供)

      残り1456文字
      この記事は会員限定コンテンツです。
      会員情報をご登録いただくと、
      介護業界の経営支援に役立つ限定公開記事をお読みいただけます。
      メールアドレス
      だけで
      かんたん無料登録
      業界ニュースや
      専門家記事が
      無料で読み放題
      閲覧できる
      記事数は
      【600本】以上
      関連記事
      介護経営ドットコム編集部
      2022.12.06
      24年度制度改正に向け介護保険部会の提言素案を提示、厚生労働省
      #介護保険部会 #居宅系サービス #施設系サービス
      介護経営ドットコム編集部
      2022.12.05
      2024年介護保険制度改正に向けて残る焦点は高所得利用者層の負担拡大に
      #介護保険部会 #居宅系サービス #施設系サービス
      高野龍昭
      2022.11.30
      ケアマネジャーの「孤立」~『介護の質の評価に関する調査』から (1)/東洋大・高野龍昭
      #居宅介護支援 #リスク管理 #サービス品質向上