訪問看護のターミナルケア加算とは/資料ダウンロード付き
ホーム加算情報訪問看護訪問看護のターミナ…

訪問看護事業所のターミナルケア加算は、厚生労働省が定める基準に適合する事業所が、利用者に対し終末期ケアを行っていた場合に得られる加算です。

ターミナルケアには介護保険のターミナルケア加算、医療保険のターミナルケア療養費の2種類がありますが、本記事では介護保険のターミナルケア加算の算定要件や単位数について解説しています。訪問看護事業所でターミナルケア加算の取得を検討している、加算の要件を確認したいとお考えの方は、ぜひ最後までご覧ください。

目次
    ターミナルケア加算とは
      ターミナルケア加算の算定要件
      ターミナルケア加算の単位数
        ターミナルケア加算の算定率
          まとめ

            ターミナルケア加算とは

            ターミナルケアとは終末期のケアのことで、ご利用者の尊厳を維持し、その人らしく最期を迎えられるようにケアを行うことによって、加算されるものを「ターミナルケア加算」と呼びます。

            ターミナルケア加算の算定要件

            ターミナルケア加算は、在宅で死亡した利用者に、「厚生労働大臣が定める基準」に適合しているとして届け出た指定訪問看護事業所が、その死亡日及び死亡日前14日以内に2日以上ターミナルケアを行った場合(ターミナルケアを行った後、24時間以内に在宅以外で死亡した場合を含む)、取得することができます。

            尚、指定介護予防訪問看護はターミナルケア加算の対象外となっています。

            厚生労働大臣が定める基準

            ・ターミナルケアを受ける利用者について24時間連絡できる体制を確保かつ必要に応じて指定訪問看護を行う体制を整備している

            ・主治医との連携の下、ターミナルケアに係る計画、支援体制について利用者及びその家族に説明を行い、同意を得てターミナルケアを行っている

            ・ターミナルケアの提供について、利用者の身体状況の変化等必要な事項が適切に記録されている

            ターミナルケア加算には、取得する上での注意事項があります。詳細はダウンロード資料(無料)でご確認ください。

            ターミナルケア加算の単位数

            訪問看護事業所におけるターミナルケア加算の単位数は以下のようになっています。

            単位数 算定月
            2,000単位/月 利用者の死亡月

            ターミナルケア加算の算定率

            訪問看護事業所におけるターミナルケア加算の算定率は、2019年12月時点で8.9%となっていました。

            引用:第189回社保審・介護給付費分科会資料「訪問看護の報酬・基準について(検討の方向性)」より

            まとめ

            今回ご紹介した、訪問看護事業所のターミナルケア加算についてはいかがだったでしょうか?

            「介護経営.com」では、上記で解説した内容に加え、ターミナルケア加算における訪問看護記録書の記録事項や厚生労働省が示したQ&Aなど、更に詳しい内容をまとめた資料【訪問看護事業所向けターミナルケア加算算定要件ガイドブック】を無料でご提供しています。下記から簡単な手順でpdfファイルをダウンロードいただけますので、ぜひ皆さまの業務にお役立てください。

            最後までお読みいただきありがとうございました。

            会員詳細情報を入力すると下記の資料がダウンロードできます
            会員詳細情報を入力すると下記の資料が
            ダウンロードできます
            この資料は会員限定コンテンツです。
            ダウンロードするには、ログインまたは会員登録から会員詳細情報の入力をお願いします。
            ※ログイン後、未入力の場合は「会員詳細情報の入力」ボタンが表示されますのでご入力ください。