委託連携加算とは【2021年度介護報酬改定対応】/資料ダウンロードつき
ホーム加算情報居宅介護支援委託連携加算とは【…

委託連携加算とは、地域包括支援センターが介護予防支援を外部の居宅介護支援事業者に委託する際の情報連携などを評価する加算です。近年増大を続けている地域包括支援センターの負担を緩和し、委託先の確保を進めるために2021年度介護報酬改定で新設されました。

関連記事:居宅介護支援の単位数 2021年度介護報酬改定【居宅介護支援】2021年度報酬改定 加算の創設・見直し要件まとめ 厚労省・審議報告

目次
    委託連携加算の算定要件
    委託連携加算の単位数
      最後に

        委託連携加算の算定要件

        ・介護予防支援を居宅介護支援事業所に委託する際、利用者に係る必要な情報を居宅介護支援事業所に提供し、居宅介護支援事業所における介護予防サービス計画の作成等に協力すること
        ・委託にあたって、委託連携加算を勘案した委託費の設定を行うこと

        留意点

        ・委託を開始した日の属する月に限り算定可能
        ・利用者1人につき1回を限度として算定可能

        委託連携加算の単位数

        300単位/月

        最後に

        最後までお読みいただきありがとうございます。「介護経営.com」では、上記で解説した内容に加え、創設までの背景について解説した資料を無料でご提供しています。下記から簡単な手順でpdfファイルをダウンロードいただけますので、ぜひ皆さまの業務にお役立てください。

        会員詳細情報を入力すると下記の資料がダウンロードできます
        会員詳細情報を入力すると下記の資料が
        ダウンロードできます
        この資料は会員限定コンテンツです。
        ダウンロードするには、ログインまたは会員登録から会員詳細情報の入力をお願いします。
        ※ログイン後、未入力の場合は「会員詳細情報の入力」ボタンが表示されますのでご入力ください。